ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

BloodMoon

月食の夜。
月を撮る為に早めに帰り、三脚とリモコンシャッターと用意して
デジタル一眼にズームレンズをつけて撮影を試みた。

月食とは太陽と地球を直線で並んだ先に更に月が入ることで、
地球の影が月にかかって欠けたり隠れたりする状態なんだけど、
目視していると実に神秘的な現象で心惹かれるものがある。

帰宅時点で既に一部欠け始めていたけれど、
残念ながら仕事日なので仕方ない。
e0063003_1624999.jpg


ふっと考えてみると、
こうしてゆっくりと月を眺めるのは随分久しぶりな気がした。
日常の中、仕事の慌ただしさに追われていたり、
気になることが心の中にあったりすると、
夜空に静かに浮かぶ月の存在を忘れがちになる。
昔から月が好きな私だけど、時々月を見ずに過ごす日が続くことがある。

月をいつ見た? 
自分自身にそう問いかけることで、
自分の心の落ち着き具合を、月が教えてくれる気がする。

月はゆっくりと欠けていく・・・・
e0063003_16455213.jpg


そして、ほぼすべてが地球の影に入った時、
月はとても神秘的な色に変化する。

BloodMoon  血のように赤い月となる。
e0063003_16471610.jpg


今回の月食は時間も長かったので、ゆっくりと楽しむことが出来た。
欠け始めからBloodMoonになるまで撮影することができたので、
それらの画像を合成してみた。
e0063003_1653882.jpg


今宵、久しぶりに素晴らしく表情豊かな月を眺めることが出来て、
本当に嬉しかったなぁ。
[PR]
by white-rain | 2014-10-08 23:13 | 星の数々