ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

カテゴリ:星の数々( 326 )

月食の夜。
月を撮る為に早めに帰り、三脚とリモコンシャッターと用意して
デジタル一眼にズームレンズをつけて撮影を試みた。

月食とは太陽と地球を直線で並んだ先に更に月が入ることで、
地球の影が月にかかって欠けたり隠れたりする状態なんだけど、
目視していると実に神秘的な現象で心惹かれるものがある。

帰宅時点で既に一部欠け始めていたけれど、
残念ながら仕事日なので仕方ない。
e0063003_1624999.jpg


ふっと考えてみると、
こうしてゆっくりと月を眺めるのは随分久しぶりな気がした。
日常の中、仕事の慌ただしさに追われていたり、
気になることが心の中にあったりすると、
夜空に静かに浮かぶ月の存在を忘れがちになる。
昔から月が好きな私だけど、時々月を見ずに過ごす日が続くことがある。

月をいつ見た? 
自分自身にそう問いかけることで、
自分の心の落ち着き具合を、月が教えてくれる気がする。

月はゆっくりと欠けていく・・・・
e0063003_16455213.jpg


そして、ほぼすべてが地球の影に入った時、
月はとても神秘的な色に変化する。

BloodMoon  血のように赤い月となる。
e0063003_16471610.jpg


今回の月食は時間も長かったので、ゆっくりと楽しむことが出来た。
欠け始めからBloodMoonになるまで撮影することができたので、
それらの画像を合成してみた。
e0063003_1653882.jpg


今宵、久しぶりに素晴らしく表情豊かな月を眺めることが出来て、
本当に嬉しかったなぁ。
[PR]
by white-rain | 2014-10-08 23:13 | 星の数々
今年も海へ漁に行ってきました。

日本海、福井県の某所。
毎年夏の短い間だけ漁協公認で入漁料を払えば、
潜って貝をとることができるのだ。

いつもサザエは好きなだけ獲ることができるが、
鮑はなかなか良いサイズが獲れない。
解禁日から日数が経過すればするほど、
大物に出会う確率は低くなる。
しかし今年は解禁日から2日目に行く事が出来たので、
ここ数年、お目に掛かっていなかったサイズの鮑をゲットできた。
e0063003_15281283.jpg

この写真は獲物の一部でサザエはまだまだ大量にある。

でも、やはりお宝はなんといってもこの特大鮑!!
レギュラー缶よりでかいので、活で買えば万単位クラス。
嫁と二人で食べたけど、ボリュームもあって最高に旨かった。

そんなこんなで今年も海に潜って楽しく過ごせてよかった。
もちろん海中の眺めも良かったしね。
e0063003_16433449.jpg


それにしても、クラゲの泳ぐ姿には、いつも癒されるなぁ・・・。
毒々しいのは別として、この水クラゲは可愛くていい。
e0063003_1645378.jpg


別の日にはいつもの丹後半島に車仲間達とのBBQに行った。
やっはり、浜でのたき火は最高だな。
e0063003_1646567.jpg


小梅も海に連れて行ってたので砂浜で存分に走り回れて喜んでいたよ。
e0063003_16474636.jpg


海で遊ぶことは最高に楽しいし、私にとっては至福の時。
今年も素晴らしい海で夏を過ごせて良かったな。
[PR]
by white-rain | 2014-07-21 21:20 | 星の数々
最近、はまっているのが燻製料理。

これがなかなか奥が深くて趣味としても楽しめる。
呑兵衛な私にとって燻製料理というのは昔から
お酒の肴として最高なものが多く、興味は持っていた。

しかし都市部の住宅地に住む私は、自宅で煙を
モクモクさせる薫製料理なんて近所迷惑だし、
家にも匂いがつくので出来るハズがない。
そう勝手に思い込んでいた。

だけど、何気なくぼんやり見ていたネット上で、
煙はそんなに出ないし工夫次第でキッチンでも可能との
情報を目にしてから、俄然やる気満々になってしまったのだ。

そして、ネット情報を参考にしてコーナンやペットショップ材料を購入し、
作成した燻製キットがコレ。
e0063003_1761158.jpg


なんと、いきなり液体薫製をやるというマニアレベルなところから入門してしまった。
で、なにを燻製にしたかったかというと、 「丸大豆醤油」

薫製醤油を自作して、美味しい「卵かけごはん」を食べたかったのだ。
その薫製中の状況がはこんな感じ。
e0063003_1711726.jpg


キッチンでやっているのは換気扇下でやりたかったからで、
コンロを使っている訳ではない。

仕組みは、ペンキ缶の中で薫製用のチップ材に着火して煙を立たせている。
缶は蓋をした密閉状態にするけど、チューブによって缶の下から、
フレッシュエアーが送り込まれ、缶の上蓋についたチューブから煙が排出される。
そのチューブの先には、観賞魚用の水槽で使うプラストーンを装着し、
ガラスグラスの中の液体に浸されていて、
細かい泡状となって液体の中で煙成分が放出され液燻状態とする。

これがね、初チャレンジとは思えない程、美味しい醤油が出来るんです。

その後、食材の燻製にもチャレンジし、中華鍋の底で燻製材を燻して
丸網を置いて食材を置いて蓋をして作成したのがコレ
e0063003_17211916.jpg

e0063003_17221460.jpg


これはこれで美味かったけど、中華鍋が焦げ付いて使い物にならなくなりそうなことと、
鍋の中の空間が狭くて食材が高温になり過ぎるので火加減が難しいとわかった。

そこで気合を入れて本格的にやることとして、ゲットしてしまったのがコレ。
e0063003_172894.jpg


ガチな燻製器を買ってしまった。。。
おかげで、いつでも気軽に自宅で燻製三昧な料理ができる環境が整ってしまったのだ。
その結果がコレ
e0063003_1730078.jpg

e0063003_1731574.jpg

e0063003_17304326.jpg


本来、燻製に適した時期は冬だそうな。
なので、冬になったら、本格的なベーコンとか
ガッツリ肉系にチャレンジしよう。

呑兵衛な自分が自分の酒の肴を自分で調理する。。。  

 調理する楽しみ、味わう楽しみ、飲める楽しみ この上なく自分に合った新たな趣味かも。
[PR]
by white-rain | 2014-07-16 16:45 | 星の数々
仲間達と岐阜へスノーボードを楽しみに行ってきた。

最近は動画を撮りたくて、Gopro3+ を持参して仲間達の滑りを
撮ったりしながら楽しんでいた。

いつも飲んだり遊んだりする仲間の滑り。
https://www.youtube.com/watch?v=bQY-WvrEP9Q

そして、仲間が撮ってくれた私の滑り。
https://www.youtube.com/watch?v=58-TbiIdqok

カメラ設定が広角なので少し離れると、かなり距離が
あるように小さく撮れてしまうのが想定外の設定ミスだった。

でも自分の滑りを自分で見れるのっておもしろいなぁ。。。
[PR]
by white-rain | 2014-02-22 15:58 | 星の数々
東京スカイツリーに行ってきました。
さすがに背が高い。 
天候にも恵まれてスタイリッシュなその姿を
たっぷりと見ることができました。
e0063003_15422653.jpg


夜は夜でイルミメーションがとても素敵に展開されていたし、
外国にありがちな毒々しい感じもなくて、
いかにも日本らしく最新技術を駆使した表情だなぁっと思た。
e0063003_15434482.jpg


また、昇ってみると、あまりに高高度過ぎて、まるで着陸前の
飛行機の窓から地上を眺めたような感覚になった。

まさか東京タワーを上から眺めることができるとは・・・・
なんとも感動的なシーンだったな。
e0063003_15463618.jpg


東京はやはり大都会だなぁ・・・。
大阪のようにビル群が途切れることなく広範囲に広がっていることで、
都市の規模の違いを改めて感じたよ。
e0063003_1547314.jpg


スカイツリー 数年前に建築中の状態を見て東京タワーに昇ったことがあったけど、
今回どちらにも昇ってみて感じたのは、
スカイツリーは洗練されててCoolだけど無機質な感じ。
東京タワーは親しみと手作り感のある温かさを感じた。 

やっぱり私個人としては、東京タワーの方が好きだな。
[PR]
by white-rain | 2013-11-29 15:35 | 星の数々
世の中でどんどん進化を続ける携帯電話。

ここ20年ぐらいで爆発的に売れつつ進化し今はスマートフォンという、

携帯電話というよりも、軽量薄型タッチパネル式パソコンに、

電話の機能をプラスしました。ってな感じにまでなってきている。

そしてそのスマホ上でいろんな事が出来るソフトウエア群を

スマホアプリという通称で総称し、いろんな機能のソフトが

まさに星の数ほど登場している。

そんなソフトの中には、使ってみるととても楽しく優れたものがあったりして、

そういうアプリに出会うと、ええもん見つけたっ!って気持ちなるなぁ。


そんなアプリの中には無料にも関わらずかなり高機能なモノもある。

例えば画像編集ソフトもぎょうさんあるけれど、

こんなことが簡単に出来てしまうスグレモノもあったりする。

普通に撮った写真もこんなふうに簡単に加工できちゃうんよね。

e0063003_14194862.jpg


自分でもみても、キュン死しそうな、小梅のちっこい頃の写真もこの通り

e0063003_1420441.jpg


いやぁ、マジで凄いもんやなぁ・・・っと思うわ。
[PR]
by white-rain | 2013-09-19 14:07 | 星の数々
海が大好きな私。

だけど仕事や悪天候でなかなか海に行けてない。

そしてやっと海に行けることになったので、水中カメラを持参した。

場所は、なにかとお騒がせな大飯原発の沖側にある半島の磯

船て行くんだけど、原発前を通過中。 

この距離、テロリストや工作員なら楽勝でRPG打ち込めるやん。

警備はほんま大丈夫なんやろか?
e0063003_14523132.jpg


潜ってみると、そこには水海月だらけ。

この海月は殆ど刺さないので、触っても大丈夫。

時々、軽くピリッとすることはあるので過敏な人はダメかもだけど。
e0063003_14524055.jpg

この浮遊感がええね。 なんとも見てるだけで癒される。

それにしても、多いなぁ・・・・
e0063003_14525856.jpg

おいおい、

これは多いどころか、もう群れまくりやんか。
e0063003_1453880.jpg

海月が集まり過ぎてて真っ白に見える光景・・・・ これはなかなか見れないシーン。
e0063003_14533268.jpg

実に神秘的で幻想的・・・・ この浮遊感がたまらん! 結構、感動してしまった。
e0063003_1453244.jpg


しかし、これだけの水海月の大群と遭遇するとは思わなかったなぁ。

泳ぐ手足に海月がぶつかるので、ダメージを与えないようにゆっくり泳いだ。

ラッシュガードのみで潜っていたので、時々腕や足にピリッと痛みを感じたものの、

過敏な体質ではないので問題ナシ。

そんなことより、海月だらけの真ん中で幻想的な時間を過ごせた感動の方が、

遥かに大きかったし。 なかなかできない良い体験が出来たと思う。

やっぱり海はええね。  いろんな感動を与えてくれる海には、ほんま感謝やわ。
[PR]
by white-rain | 2013-07-21 14:47 | 星の数々
暇・・・・。 

そんな休日を過していた。

海は風波でコンディション悪くて行けない。

遊びたいんだけど、一人だと、これといったことが、

思い浮かばなかったり、せっかく思い浮かんでも、

一人だとパッとしなかったりで、ケツが重くなったり。

足元を見ると、同じように暇そうな相方がいる(苦笑)。
e0063003_14163287.jpg


相方だけでも喜ばしてやろうか・・・

ってことで、クラーバックにビールと相方の水を入れて、

近所の河川敷公園まで軽くお出掛け。

椅子を置き、ビールを飲みながら、相方と走ったり遊んだり・・・・
e0063003_14165891.jpg


風に新緑の香りが混じっていて、なんとなく気持ちが良い。

やはり、特にすることがなくても、家にいるよりはマシだなっと感じた。
e0063003_1417355.jpg


小梅の喜ぶ姿や表情を見てるだけでも、きた価値はあるし、

広い空と新緑の芝生に囲まれていると解放感を感じる。

たまにはこういうのもいいもんだ。


少し離れた場所では多くの人達が楽しげにBBQをやっていた。

とても羨ましく思えた。 

自分もあんなこと今まで数え切れないほどやってきた。

今でも装備は全て揃っているし、できることなら楽しみたい。

だけど一緒に楽しむ仲間が周囲にいないと、お一人様じゃ無理がある。

歳をとると、アウトドアライフを楽しめる仲間って、簡単にはみつけられないもんだな。
[PR]
by white-rain | 2013-06-17 14:14 | 星の数々
一年の中で最高に心地良いオープンドライブが味わえるのは、春と秋。

そして、その春がやってきた。

こうして仲間達と走るのも、季節が良い時期は本当に心地良くて素晴らしい。
e0063003_1356672.jpg


もちろんドライブ自体も楽しいのだが、こんな美味いものまで食べれたらええね。
e0063003_1443829.jpg


そしてせっかく走るのであれば、目的地も素晴らしければ、グッと楽しみも増える。

っということで湖北の桜名所「海津大崎」へ行ってみた。
e0063003_13571084.jpg


こういう湖畔の桜というのも風情があってその姿がたまらなくええなぁ。
e0063003_13565096.jpg


湖畔の夕日。 ちょっと物悲しい雰囲気の桜も好き。
e0063003_13574815.jpg


今年の春はとても素敵なツーリングを楽しむことが出来て良かった。

こういった季節感を存分に楽しめるドライブが出来ると、

私のような普通の会社員でも趣味用途でオープンカーを所有でき

また四季を味わえる日本に生まれ育ったことが恵まれていると感じる。

日本って国は、世界の中でも本当に素晴しい国なんだということを忘れちゃいけないな。
[PR]
by white-rain | 2013-04-20 13:51 | 星の数々
福井の県境近く、京都の山奥にある茅葺きの里「美山」
ここの雪景色をみてみたくて一人出掛けてみた。

古き良き時代の日本の風景が今も残る数少ない山里
e0063003_15515477.jpg

古民家に住んだこともないのに、眺めていると何故か心落ち着くのが不思議。
e0063003_15543519.jpg

雪景色と茅葺き屋根って調和のとれた和の美しさがあるもんだ。
e0063003_15562042.jpg

氷柱にしても古民家だからこそ、より素敵に見えるように感じた。
e0063003_15585141.jpg

一緒に連れて行った小梅は人生初めての雪に大喜びで走り回っていた。
e0063003_16362.jpg


最近、休日になると一緒に過ごせる仲間がいなくて一人時間を持て余すことが多い。
そんな訳でぶら~と行ってきたけれど素敵な景色を眺めることが出来たし、
小梅にも雪を経験させてあげることが出来たので良かった。
[PR]
by white-rain | 2013-02-19 15:46 | 星の数々