ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いよいよ、これが四国遠征の旅、最後です!

グルメ満腹なメンバーは鹿島から戻り、次なるグルメを目指す訳だが、
その前に、すぐ傍のロケーションのいい場所で記念撮影をしようということになった。

そしてそこで撮影したのがコレ。
このリトラを開けてる表情が好きなんよねぇ・・・(笑)。
この車はmashmikaさんのブロディ号と私のWhite-Rain号です。
e0063003_10532358.gif

今は衝突安全基準の問題でリトラ式ヘッド車は認可されないらしいので、
こういう顔の車はもう製造されることはないのかもしれないと思うと寂しいね。

そして、参加7台中5台のロードスターだけを並べてみた記念写真。
e0063003_10533945.gif

超広角レンズで目一杯酔って・・いや、寄って撮ったので、伸びちゃってます(苦笑)。
でも、背景に海と空が広がってなんか気持ちよさげでしょ?

で、この撮影会のあと、すたこらさっさと今治方面へ海岸道路の196号線を北上し、
しまなみ海道へ進路をとったんやけど、山の次は海がこれまた心地良い!! 
e0063003_10535456.gif

気分良く海を眺めながら島々を渡りつつ、超有名な「塩」をお土産品に買おうっ!(ウソ)
ってことで、伯方S・Cパークへ寄り道することに決定(笑)。

で、、、着いてみると、、、店閉まってた(自爆)。
e0063003_10541081.gif

でもね、ここからが実に素晴しい。  
なんと目の前に最高のロケーションが広がってた訳ですよ。
もう、車の写真よりも、この自然からの最高のプレゼントにメンバー感動しまくり!!

しばし、言葉は抜きにしてその景色をご覧あれ・・・
e0063003_10542530.gif

e0063003_11423599.gif

e0063003_10544042.gif
e0063003_1054536.gif
e0063003_105597.gif


ってことで、丁度日暮の時間であと10分遅ければ、この夕日を見ることは出来なかった。
ツーリングとして素晴しい景色を楽しめるのは、まさにこの時が本当にラストチャンス。

そのチャンスに、こんなサンセットを眺めることが出来たなんて・・・
この最高のプレゼントをしてくれるのは、誰やねん?
神でも女神でもええけど、ほんま、おおきにっ! と感謝したよ。

そしてこの後、今回の旅行を数々の素晴しいレア情報で我々メンバーを案内し、
楽しませてくれたmashimikaさんと高速分岐路で別れたのだが、やはりチト寂しかったね。
mashimikaさん
大阪に来てくれた時には盛大に焼肉パーティーで歓迎したいと思ってるから来てやぁ~♪
ナイスでグーな現地案内 ほんまにどうもありがとうございました!!


その後 我々はサクサクと日の暮れたしまなみ海道を北上し「尾道」を目指しました。
尾道と言えば・・・・・・ラーメンやね?
これが今回最後のグルメメニュー
ここまで来て食べずに帰るのはもったいない!
ってことで行列の出来る尾道ラーメンの名店「東珍康」へ行って、みんなで食べました。
思ったより家庭的な雰囲気の店やったんで驚きましたが、美味しかったよ!!

さて、こうして最後のグルメな品も無事に食べ終えた時点で、
時間は多分20時前後やったような気がします。
ここからはいつものパターンで高速をすたこらさっさと関西へ向けてかっ飛ばし、
最後は流れ解散へ・・・・


ま、そんなこんなで、今回の四国遠征のお泊りツーリングは メンバー全員事故もなく
大満足で帰還することができました。
フェリーに乗れることがわかったら、すぐに次は九州やっ!みんな言ってましたが、
ほんまに実現できるとええなぁ~(^^ゞ。

ってことで、これで長い、長い、四国遠征ブログ日記も終わりです。

これでまた一つのプライスレス・・・。
最高に楽しいツーリングページは、このブログ同様、俺の心にもしっかり刻むことができました。
[PR]
by white-rain | 2006-09-24 23:00 | 星の数々
以前からの続き

いよいよ、金曜の夜に神戸を出て以来、はじめて宿でのお泊りがやってきた。
佐田岬のさきっちょにある民宿「大岩」さん
ここで海の幸を食べまくり~♪ 刺身は、旬のいざきや鯛が山ほどあって、
貝類はサザエ、桧扇貝、鮑、うちわエビまであった。

残念ながら、飲んだくれるのに忙しくて写真を撮るの忘れてしまったが、
本当にもう海のモノはものいらん・・・・って思うぐらい
新鮮な海鮮ネタを食べまくったのだった。
そして翌朝も伊勢海老入りのうまい味噌汁でごはんを食べ過ぎて出発。

ここまでで既に、旨いパン、旨い海鮮てんこもり、うまうま和朝食。
か~なり食べ過ぎ状態なメンバーだが、まだまだ求めるグルメネタがあるのだ。

その目的のグルメなモノはこの島にあるのだ!!
「ようおいでたなもし~ 鹿島じゃぁ~!!」
e0063003_1825047.gif

船着場にみんなで車を止めて、乗船したのは豪華なこの客船。
そして、その最高に旨いグルメな食事を出してくれるのお店は、
この鹿の乗った豪華客船の後ろに見える、昭和初期?のような歴史的なお店。
e0063003_1832165.gif

海に突き出したその建物で中は広い畳の間となっており、風通しも眺めも良くて
最高に気持ちがいいのだ。 窓から竿を出せばマジで真下で魚を釣ることもできる。

そしてメンバーであれやこれやと頼んだ品がやってきた。
もう活字はいらんやろ。 この写真を見ればどれだけ旨いか?
何も書かなくても伝わるような気がする。
「たこぶつ」 立派な足丸ごと一本が一人前で最高に旨い。
e0063003_1834145.gif

「たこ天麩羅」 これもボリュームタップリで激旨!!
e0063003_1835620.gif

「カレイのから揚げ」 ちょうど食べごろサイズのええもんでした。
e0063003_1841226.gif

ほんま移動途中なんで、ビール飲めんのが辛いこと、辛いこと・・・ヘ( ´∀`)ノ~。
でも、どれも食べる価値ありな品でした。

しかし・・・・ ここまででも既に十分旨過ぎるぐらいの品に満足なのだが、
実は我々はこれらが目的ではるばる豪華客船に乗って渡ってきた訳ではない。

その目的だったものとは、鯛めし~!!だったのだ。
その鯛めしは、パッと見には、ただの白い炊き立てごはんのよう。
いらん味付けは一切ないので、あくまでも白いのだ。
しかし実際には手間隙掛けてダシと鯛でごはんを炊き込んだのち、骨を取り除き、
身を綺麗にほぐし、ごはんと丁寧に混ぜ込んである贅沢なもの。

一口食べると、鯛の風味と程よい塩加減がめっちゃ美味しいバランスを保っており、
とても上品なイメージの鯛めしだった。
まさに愛媛が世界に誇る鯛めし~!!っと思える最高の一品に大満足したのだ。

そんなこんなで、海の幸や鯛めしに満腹となったメンバーは、
まったく凝りもせず、まだ次なるグルメを追い求めて「しまなみ海道」北上の旅へ出る

一体、どんだけ燃費悪いねん? っと、自問自答しながら旅は続くのだった・・・・(自爆)
[PR]
by white-rain | 2006-09-24 13:00 | 全般
前からの続き
e0063003_11361129.gif

ってことで、こんな雲海を眺めてから、すたこらさっさとワインディングを今度は下る。
ご覧の通り快晴のええ天気!絶好のロケーション!!ガードレール ナシが最高!!!
短足&バケットなロードスターの場合、当然視点もかなり低い為、気持ち良さげに
絶景ポイントを走っていても、ガードレールがあると景色殆ど見えへんのよねぇ・・・(爆)。
e0063003_11362343.gif

下りはさほどに路面の荒れも少なく比較的気持ち良く走り抜けることが出来た。
そう言えば、時々見かけたバイクな人達も落石を避けて結構蛇行しながら走ってたなぁ。

そうこうしながら下ったところで、ちょっと休憩。
e0063003_11363368.gif

丁度ここが分岐路になっていて、4台、3台と道を挟んで停車し、地図を確認したり、
トイレに行ったりしてたんやけど、なにげに止めたこの場所も緑溢れるええ雰囲気。
e0063003_11364386.gif

初秋で良かった! 真夏やったら、こんな天気だと暑くてとても開けて走れない。
それでも、めっちゃ日焼してしまったぞ・・・(汗)。

で、そうこうしながら、四国カルスト付近?のめちゃキレイな川に到着。
実はこの頃、俺自身の電池パックが切れかけてて弱り気味でした。
なので、何処へ着いたのか? ハッキリわかってない・・・(滝汗)。
メンバー> ここなんちゅとこやったっけ??(爆)
e0063003_11365765.gif

この川原、めっちゃ水がキレイで、川の石にコケすら生えていないほどの清流。
そして川原一面の石がとても白いんよね。
e0063003_1137795.gif

画像ではその白さをうまく撮れてないのが無念。 まだまだあきませんな>俺。
この川原にあったお店で食事を食べました。
私が食べたのは、アメという川魚の入ったうどん。
この魚、アマゴかな?山女かな? わからんかったけど、丸ごと柔らかく食べれるほど
うまく佃煮のように加工してありましたが、残念ながら、自分自身のバッテリー切れで
食べるの優先で写真を撮るの忘れてた(汗)。
e0063003_11371781.gif


そんなこんなで、この後は佐田岬方面を目指す訳ですが、
途中にあった道の駅「内子フレッシュパークからり」に隠れグルメあり!!
ここにはパン工房があり、焼きたてのパンが販売されてて、それがめちゃうまなんです!!
俺達が行った時も盛況で、まだ焼きあがっていない食パンも予約券を配ってる状況。
もちろん私達もしばらく待って買いましたし、その場でも熱々を食べたり持ち帰って
食べてみましたが、日数が経ってもほんまに美味しいパンで大満足(^^♪
私は現地でクリームパンとクロワッサンも食べましたがこれも温かくてめちゃウマでした。

そんな楽しい発見をしながらグルメなツーリングは岬の
先っちょにある民宿「大岩」さんを目指して走りました。
途中で九州(大分あたりかな)が海を隔てて見えた時には感動!!
残念ながら写真を撮る間がなかったけど、えらい近いんやなぁ・・っと思いました。

この夜はもう食べきれない程の海鮮ネタに満足しながら
飲んだくれたのは言うまでもありません。
当然、のん兵衛な私は写真も撮らずに飲んだくれました(^^♪。
[PR]
by white-rain | 2006-09-23 14:00 | 星の数々
続いて、旅は いよ伊予? 目的地の四国上陸へ・・・・(笑)。

フェリーは定刻6時過ぎに松山観光港に到着。
前夜飲んで話し込んでたせいか、なにげに眠たくて、
ぼ~としたまま気がついたらあっさりとフェリーを降りてしまってた(^^ゞ。

そこに、RS仲間のmashimikaさんが登場し我々を出迎えてくれた。 
ここから先は、地元でレアな情報を持った彼の案内でめちゃ素敵な旅が始まる訳だが、
この時点では、俺はまだ寝ぼけてて、な~にもわかってない状態だった。

おかげで下船の状態など写真も撮ってない・・・(汗)。

徐々に目を覚ましつつ走り続けて松山道を一気に東へ・・・
気がついたら石鎚SAに到着。
めっちゃええ天気に恵まれて、とても心地良い絶好のツーリング日だ。
e0063003_1612378.gif

さて、ここからがめっちゃ素晴しい。
まずは快晴の空の下、山岳ワインディングをひたすら走り抜ける訳だが、
なんとこの道が・・・ CSメンバー大好物の酷道だった(爆)。
e0063003_16124921.gif

細くクネクネな山道の至るところに、
アナボコあり、落石あり、路面陥没ありっとスリル感てんこもり(^^ゞ
足長組は楽勝で軽快に走っていくのだが、短足組はひたすら路面と
睨めっこで、アナボコをかわし陥没を避け、落石サイズを目視しながら走る。
でかい落石があると上を通り過ぎる瞬間、うっ!と縮みあがる気がする(爆)。
e0063003_16125951.gif

っとまぁ、この写真よりもっと激しく、HITするかしないか程度の落石も結構落ちてた。
(激しいとこでは走行撮影出来る余裕がないので撮れない)
屋根のない車故に、この落石はかなり怖わい感じがしたので、
いかにも落ちてきそうな場所を通る時は、踏まずに音無しで走リ抜けてました(爆)。

そんなこんなで、路面に注視しながら到着してみたら、
なんとそこはもう完全に下界とかけ離れた別世界!!
雲を突き抜けるワインディングを楽しんだ先には、なんと最高のロケーションが待っていた!!
e0063003_161397.gif

この先へ続く道がめちゃええ感じでしょ? しかもほぼ我々だけの貸切状態やねん。
あまり他の通行人もいなくて、まったりと仲間で景色をながめて過せました。
e0063003_16131994.gif

ここで大きな声を出してみたら、ちゃんと「やまびこ」が聞こえました。
天然のエコーって感じで、メンバー全員で感動して何度も叫んでました。
試しにクラクションも鳴らしてみたけど反響しなかった・・・・・
素晴しい景色の山頂でなにしとんねん?(爆)
e0063003_16133360.gif

そこから、また走り出してしばらく行ってみると、
またしてもええ感じで眼下に雲海の見える場所があったのでまたまた停車。
e0063003_16135517.gif

みんな撮影に夢中な後姿です・・・(^^ゞ。
でもこのアングル、なんか車がええ感じで撮れましたよ。
で、写真整理をしてたら、なんかめちゃ映えて撮れてるRV仕様車発見!(爆)
タイヤとフェンダーの間に子供の手が入ると危ないから早く隙間無くそうね。
e0063003_1614510.gif

赤はこういう景色に似合うよなぁ~っと思った一枚です。

ってことで、天空ツーリングをタップリと楽しんで下界へ降りてきたら、
こんな案内がありました。 陥没等かなり怖かったことも納得です。
e0063003_16141914.gif

ほんま最高のロケーションでした。
山頂付近の木のない景色は、阿蘇外輪山中や大山の雰囲気があったなぁ。
また行ってみたいしあと1ヶ月程度後なら、素晴しい紅葉も楽しめるでしょう。
四国にこんなロケーションのいい場所があるとは知りませんでした。

このあとは四国カルスト方面へ  続く・・・
[PR]
by white-rain | 2006-09-23 10:00 | 星の数々
久々のブログ更新だ。
22日の夜から24日の夜中まで、White-Rain号で楽しい旅行に出掛けた。
しばらくはその様子をUPしようと思う。

まずは出発日。
仕事をとにかくサクサクと片付けて、ダッシュで家へ・・・(笑)。
食事、シャワー、装備、の準備を整え、もちろん開けて目指すはポートターミナル。
ここで仲間達と合流して、RSでは、はじめてのフェリーに乗るのだ!!

ポートターミナルは阪神高速神戸線経由なら迷いもなく行ける場所だった。
でも、せっかくやしハーバーハイウエイを通ってみたくて、あえて湾岸経由で行ってみた。
こっちはオービスが殆どないのが嬉しいのだ(爆)。

湾岸の夜景はとても美しい。オープンエアーも冷たく心地良い。
柳・ジョージの歌声も夜ははまりまくり~で最高にええし、
俺はめちゃめちゃご機嫌で心地良くかっ飛ばしてた♪
で、ハーバーハイウエイに入った。
ここもええ感じの道やん・・・♪

で、出口はどこやろ・・・・??  三宮方面の標識が!? 
コレ近いけどちゃうよなぁ???

っと思ってたら、虚しくポートターミナルビルが横に見えてそのままポートアイランドへ・・・・
通り越してポーアイに渡ってしもたがな・・・(汗)。

で、島からテキトーにUターンして無事到着。

仲間達も次々到着し乗船手続きを終えて船を待ってら、沖からやってきた。
めちゃデカっ!!   ほんまにでかい船やと思った。
岸壁で見てると、そそり立つ壁が迫ってくるって感じやった。
e0063003_11485939.gif

さんふらわー号って、かなり歴史あるなぁ・・・。
船体のそこらじゅうが錆びてたのを見て、余計にそう思えた。

さて、いよいよ、モッコリ山への初チャレンジ!!
RSの車高は低い。 俺のは更に低くて一番低い箇所だと10㎝もあらへん。 
こんな短足車でもフェリーへのスロープを無事クリアできるのか??
でもフェリー会社の人は車を見てもなんも言わへんし、どうってことないのかも?
そんな感じで、仲間と一緒に船への乗船を待っていた。
e0063003_11491172.gif

みんな、ワクワクドキドキなのだ。

そうこうしてるうちに、ついに乗船・・・。 
結局、スロープは、まったくなんの問題もなく、あっという間に船内へ・・・。 
これなら、VIP系やズンドコ、ズンドコな低いアストロでも充分乗れるって感じ。
このフェリーがでかいおかげかも知れんけど、なんか肩すかしを食らった感じで、
もうちょっとてこずりたかった気も・・・(汗)。
e0063003_1149223.gif

はじめてのフェリー乗船はこんな感じで、何の問題もなくあっさりと
クリアしてしまいました。

そして出港して神戸を離れる時、モザイクやホテルがキレイに見えていた。
こういう景色を見ながらの船出って・・・めっちゃ、ええよね。
雰囲気あるし潮風の冷たさもええやんって感じ♪ 
e0063003_11493810.gif

そして、これがポートターミナル&ポートアイランドへの橋。
左側がポートターミナルのある第4突堤で橋の右側にポートアイランドがある。
俺が間違って渡ってしまった橋だ。 見た目はめちゃキレイやったんやなぁ・・・(汗)。
e0063003_11495218.gif


ま、そんなこんなで合計6台の車両と仲間達で出発、
モッコリ山もなんなくクリアし船の中でビールを飲みながら
楽しく過ごしながら四国へ向かったのだった。    つづく
[PR]
by white-rain | 2006-09-22 22:50 | 星の数々
ロードスターでの旅で出合っためっちゃ好きなモノ。
e0063003_14594598.gif

どう? ワーゲンのデリバリー・バンだ。
これ、俺の憧れやったんよねぇ・・・・(遠い目)
70年代、サーフィンまっしぐらな若い頃、ワーゲンは憧れの的やった。
ビートルでも充分憧れてたけど、King of 憧れワーゲン は、
なんと言っても、このデリバリー・バン。
当時、これに板を載せて海へ向かうサーファーを見掛けると、
サーファーは誰もが振り返るぐらい注目度NO1やった。
しっかし、このヤレたというか、ボロさ加減がなんともええ味出てるよなぁ・・・。

そして集合写真
e0063003_14595344.gif

薄暗かったんで、手ぶれてしまった・・・(汗)。
こうして並んでみても、俺的には一番右端のが好きかなぁ・・・。

で、このワーゲン、なんとキャンピングカー(これもワーゲン?)を引っ張ってた。
e0063003_15013.gif

めっちゃレアなんとちゃう?? しかもちょっと小さめのキャンピングカーの
デザインがめちゃオサレなんよねぇ・・・。
どう? アイボリーっぽい塗装に優しい曲面ラインのボディー
なんか古き良き時代のええ車って感じするやん(^^ゞ
e0063003_1502256.gif


なんか、とても感動したので、思わず撮ってしまった。
この時、俺達ロードスターチームもかなり人目を引いて駐車してたけど、
このワーゲン達も、好きな人には、まさにヨダレもんの貴重なシーン。

オーナーさんが居たら、許可を得て撮りたかったんやけど誰もいなくて残念。
プレートちゃんと消してるので、UP許してねm(__)m。
[PR]
by white-rain | 2006-09-12 15:00 | 星の数々
9月10日
この日はロードスターのビッグイベント「中部ミーティング」が岐阜山中で
開催されたので、朝も早よから、すたこらさっさ・・・と行ってきた(^^)v。 
秋のRS系の大きなイベントは、俺はこの中部MTしか知らない。
だからコレが終わると、なにげに今年のRSイベントも終わったなぁ・・・・ 
っといった気持ちになる。

ま、そんなこんなで、天気予報に不安を感じながらも
スーパー晴れ男の賞味期限が、切れていないことを願いながら開けてGO!!
家を出だのは午前4時半過ぎ。 まだ暗かったが星が見えたので一安心。
自宅から1号線を北上し京都へ入り、京都南インターから名神へ・・・
めっちゃキレイな朝焼けが前方の空に広がり目に染みる・・・
朝焼けに向かって走れーっ! みたいなノリでついつい踏んでしまった(汗)。
e0063003_10334426.gif

リトラクタブルヘッドがチラッと写ってるのが、俺的に新鮮・・・(^^ゞ。
初秋の風を受けながら走る・・・・・めっちゃ気持ちええ~♪
仲間達との集合は午前6:00大津SAだ。 ご機嫌に安全運転してたら、
あっという間に着いてしもた・・・もうちょっと寝ときゃ良かった(汗)。

集合場所に30分程前に着いてしまったので、大津と言えば・・・琵琶湖。
んな訳で、眼下に広がる夜明けの琵琶湖をパチリ。
e0063003_10335330.gif

で、この後は仲間達と合流して、岐阜のホワイトピア高鷲の
イベント会場まで楽しくツーリング。途中、何台かのRS達と遭遇・・・楽しいね。
高鷲インター手前で雨にしっかり降られてしもたけど、そこまでは心地良く
秋のドライブを楽しめた。

しかしこの天気・・イベントはどやねん・・・?
俺も毎年5月にOASISを開催してる側の人間なんで、
スタッフ達の気持ちが手にとるようにわかる。 雨あがれっ!とマジ願う。
e0063003_10335931.gif

そんな願いも虚しく、中部MTは断続的な雨イベントになってしまった。
会場には屋根がなく、雨も風と共に強く降ったりもして、
傘をさしてたものの、靴もジーンズもすぐにビシャビシャになってしまった。
気温も下がり疲れてきたので最後は抽選会まで、自分の車に戻って寝て過す・・・

そんな感じで寝て過してたら、抽選会が始まる頃にはどうにか雨もあがってくれた。
e0063003_1034627.gif

抽選会では、ナンバー移動ステーが当たったけど、俺、既に移動してるし・・・・(汗)。 
仲間の誰かにあげようっと(^^)v。

中部MTのスタッフのみなさん、雨天開催お疲れさまでしたm(__)m。

で、イベント終了後は温泉に行こう!!と定番パターン(^^ゞ。
会場で会った京都のクラブメンバーと一緒に合同で行くことに・・・
で、台数数えてなかったけど、結構大所帯で隊列を組んでやまびこロードを走る。
e0063003_10341298.gif

久々にコラッてみた(苦笑)。  見にくいかなぁ・・・(汗)
コレが俺の車から撮った前後のなが~い隊列走行シーン。
運転しながらの片手勘撮影なんで、ズームできなかったのが惜しい。
で、みんなで到着したのは道の駅「桜の郷荘川」に併設された「桜香の湯」
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11657/michinoeki/eki/31_shokawa.html
e0063003_1034194.gif

ここの温泉がめちゃ気持ち良い!!
露天で談笑しながら、まったりと温泉三昧な時を過した。

その後、高速インターがすぐにあるのだが、そこはRSに乗る走り好きメンバー。
岐阜の山深く素晴しいワインディングを走らず見逃す訳あらへん。
ひと風呂浴びて、ひとっぱしり・・・という当然の展開に・・・(爆)。
結果、やまびこロードを南下して岐阜大和インターまで行くことに・・・ニヤリ。
ざっと40キロぐらいのワインディングだ。

そんな感じで大和付近まで南下した時点で、京都メンバーと別れ、高速へ・・・
この時、メンバーのマシントラブルがあったものの、無事復活できてクリア。
その後は、時間も遅くなってきたのでメンバーも徐々に減少・・・。
養老SAで食事をとり、後は流れ解散パターン。

最後に草津SAでETC深夜割引をゲットすべく、0時待機中のメンバー(苦笑)。
e0063003_10342783.gif

その後、俺は日付変更線を越えて無事に帰宅。

疲れたけど楽しかったなぁ・・・。  全走行・・・500キロ程度だろう。
RS乗り同士、みんなフレンドリー感覚で挨拶を交わし本当に楽しめた。
この車に乗ってて良かったと思える一日だった。
[PR]
by white-rain | 2006-09-11 11:34 | 星の数々
イカ釣りに行った3日の夜明け。
丹後半島の、とある漁港では、夜明けと共に定置網へ親船や小船が向かう。

一晩中、ビールを飲みながら竿を振り回して、少々お疲れ気味な俺。
でもこの夜明けの景色を眺めると、とても気持ちが良い。
e0063003_1563369.gif

海には眺めるだけでも、凄く癒し効果があると思う。
一日、夜明けから日没まで同じ海を眺めていても飽きない。
俺は海が何よりも一番大好きなので尚更だ。

寝不足と疲労感に包まれながら釣り竿を振り海を見つめる・・・・。
今年も、こうしてココヘこれる時期なんやぁ・・・っとなにげに思う。
しかしこの日は、いつもとちょっと違った・・・・。
e0063003_159922.gif

この海の色。
撮影したモノを画像処理ソフトで着色した訳ではなく一枚目と同じ条件で撮影している。 
つまり現実に急速に景色が変化しているのだ。

この直後、凄い勢いで通り雨が激しく降りはじめた。
慌ててカッパを着たり、ずぶ濡れになった釣り人達。
この日は全体的に、釣果があまり良くなかった。
そんな中で疲れた体に降り付ける激しい雨は、気持ちを一層萎えさせる。

そんな俺達に自然は気まぐれなプレゼントを一つ・・・ 
e0063003_151404.gif


やがて雨が止み、対岸の山の緑が朝日に映えて静かに鮮明に見え始めた頃、
虹はより色濃くハッキリとした色調になり目の前から上空へ伸びていた。
鮮やか・・・・本当に素晴しく綺麗な虹だった。
e0063003_1516063.gif

これだけ至近距離でハッキリと鮮明な虹を見たのは、生まれてはじめてかも?
竿を振るのも忘れて、しばし呆然・・・・。 でも心地良い呆然だ。 

最高のプレゼント・・・見惚れてしまった俺がいた(^^)v。
[PR]
by white-rain | 2006-09-04 15:23 | 星の数々
いよいよ、秋っぽくなってきたので、今年もイカを釣ろうと
さくさく丹後半島の某マイポイントな防波堤に様子を見に行ってきました。

現着は土曜日の23時、防波堤に行ってみると、人人人・・・・
こりゃあかんやん・・・っと思いつつ先端まで行ってみた。
すると餌釣りをしてる人が先端にいるものの、沖正面は攻めていない。
サイドを攻めるのなら、なにも防波堤先端に竿置かんでもええがな・・・。
っと思いながら暫し静観・・・。 やはり沖方面は攻めてない様子。

で、見ているとその人、なんと先端上と下段と両方に竿をそれぞれ出して、
合計4本も出して、本来4人ぐらいで釣りができる場所を独り占めしてるやん!

ムっときたので少し強引だったが先端沖向け正面にエギングを開始。
すると、嫌がらせのように、沖向けに仕掛けを投入してきたが、構わず
ビシバシとエギングをやっていると、釣り場を独り占めしてる罪悪感があったのか
文句も言わずに場所を明け渡してくれた。

そして釣りはじめて1時間程した頃、
こんな可愛いのがポツポツと釣れた。
e0063003_1335769.gif

胴長10㎝前後のアオリイカと14cm程度のケンサキなどが入り混じりながら
釣れるが、あまりにも小さい・・・
e0063003_13351793.gif


真夜中になるとピタッと食いが止まり、どこへ投げてもなにをしても、
まったく当りが出なくなったが、夜明け前あたりに少しだけ活性が出て、
結局、この日は9杯という釣果に終わった。
e0063003_13352565.gif


まぁ、様子をみる程度の初戦なんで、
釣果は期待していなかったが、なんせまだ小さい・・・・。 
あと2週間。 9月下旬ぐらいにならないと、楽しい釣りはできないかな?
そんな雰囲気だった。
[PR]
by white-rain | 2006-09-03 03:00 | 星の数々