ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近は某SNS系サイトへの書き込みが多くて
こっちのブログはサボリ気味になってしまっているのだ。

でも、ブログはブログで手軽に楽しいので、
HPのように閉じようとは今のところ思っていない。
しかし、エロ系だとか海外の訳のわからんトラバがつくのはかなわんなぁ・・・(ーー;)。

さて、最近のどうでもええような俺のよもやま話でも書いてみよう。
独り言程度のつぶやきなんで、興味のない人は読まなくてええからね(汗)。

【アオリイカ釣り】

 もう11月も終わりに近づいた訳だが、
 残念なことにこの秋のイカ釣りは結果を出せぬまま終わりとなってしまった。
 もう、さすがに夜釣りは極寒&波高でそろそろ厳しい。

 今年の日本海、丹後~宮津界隈はここ数年間で一番最悪のコンディションだった。
 船はやらないのでわからないが、オカッパリの釣りは全然ダメ。
 シーズン走りの9月初がコロッケサイズでマシやったけど、それ以降は沈黙だった。

 俺を含めイカ釣り仲間は全部で7名いて、それぞれが入れ替わり立ちかわり
 毎週誰かが釣行してる・・・という状況だったにも拘らず、9月下旬以降は激渋ばかりで
 誰一人として爆釣したメンバーはいなかった。 まさかこんなに悪いとは・・・(>_<)。
 自然を相手にするのは本当に難しいなぁ・・・っと痛感した秋となってしまった。

 アオリイカの自家製スルメは春まで「おあづけ」になってしまったのが悔やまれる。

【スノーボード】

 12月になるとそろそろ雪山遊びに行きたくてウズウズしてくる。
 数日前にイカ釣り道具を片付けて、スノーボード装備をメンテしたばかりだ。
 なんとなくワクワクしている。
 現在使用中の3枚目の板・・・ 実はまだ体が馴染んでないんよね。
 なんせ、購入後、日帰りで3回ぐらいしか乗れていないのだ。
 しかも2シーズン越しで3回・・・。
 そんな状況なんで手足のように自由にコントロールするレベルに到達するほど
 現実には雪山へ行けていない(号泣)。

 元々、サーフィンやスケボなどの「横のリ」大好き♪で、スキーも好きだった俺。
 スノボにはかなり以前から興味を持っていたものの、周囲にやるメンバーがいなくて
 チャンスがないまましばらく過してしまった。
 そんな俺を職場の女性スタッフ達が誘ってくれて、はじめたのが7年~8年ぐらい前。 
 そこからどっぷりハマってしまったのだ。
 そんな経緯もあって、俺の雪山仲間と言えば昔から殆どが年下の女性ばかりだった。

 ところがそんな仲間達も年齢と共に次々と結婚、退職、出産・・・・
 さすがに7~8年も経過すると年頃な女性達だけにその生活環境は激変する。
 従来のようにお気楽モードで誘ったり一緒に滑りに行ったりは当然できなくなる。

 そんな訳で今となっては、俺の雪山仲間はほぼ全滅状態という悲惨な状況となり、
 足、時間、があっても岐阜界隈へ一人で日帰り遠征するほどのパワーはないし、
 一人じゃコストもバカにならんし・・・ってことで、
 行きたくても行けない・・・そんな最悪な状況になってしまったのだ。

 前シーズンなんて、たったの一回だけで、雪山初心者を連れて行ってたこともあって、
 思う存分滑れる状況でもなかったしね。
 
 なので、大マジで一緒に滑りに行けるスノボ仲間を見つけようともがいている今日この頃。
 コレを読んで一緒に雪山行こうよって人、
 いてたら是非遠慮せずにコメ下さいね ほんまによろしくお願いしますm(__)m。
 
 今シーズン、俺は雪山に一体何度行けるんやろ?
 
【ロードスター】
 
 俺は趣味でWhite-Rain号と呼んでいる初期型のユーノス・ロードスターを持っている。
 この車、とても大好きなんだけど、さすがに経年劣化著しく、かなり老朽化してきた。
 1989年式 もう17歳になる高齢車だ(笑)。

 生まれた時の姿とはかなり異なった成長を遂げている訳だが(苦笑)、
 オーナー同様、見た目も気心も若いイメージの仕様になっている(爆)。

 まぁ車好きなんで乗りっぱなしにすることなく、常時メンテはしているものの、
 さすがに塗装やエンジンやミッション等機関内部のヘタリは否めない。

 こいつをどうしたもんだか・・・・。
 そろそろ考えねばならない時期になってきたなぁ。
 このまま長く乗ろうと思えば、塗装、機関OH、ブッシュ、マウント類の交換など、
 エアコンもコンプレッサーからヤバそうな異音出てるし・・・。
 これらに手を掛けるとなるとそこそこ高額なコストが掛かるのは必至だ。

 今の愛車を手放してNBの中古車でも探すか・・・?
 それともコストを掛けて愛車のレストアをすべきか・・・?
 或いは四輪をやめて、もろオープンエアーな二輪にチェンジするか・・・?
 でもリトラヘッドライト・・・これがとても魅力的でええんよねぇ。。。。
 悩ましいとこやけど、そろそろ考えないとなぁ(;´∀`)ゞ。


なんて、最近気になってることをつらつらと書いてみた(^^)。
[PR]
by White-rain | 2006-11-29 10:25 | 星の数々
なにげなく、冬の写真が懐かしい。

初代Black-Rain号の珍しい雪だるま写真があった。
勝山に泊まりでスノボに行った時のものだ。
e0063003_11261666.gif

一晩でドカ雪が降ってこのありさま・・・ヘ( ´∀`)ノ~
ルーフBOXまで含めれば2.4mの高さの1BOXがだるまさん(^^ゞ。
どうやって乗り込もう?っと躊躇してしまったわ。

2枚目は赤倉だな・・・ここでもしっかりと雪だるま
e0063003_11262980.gif

で、ちょっと車をこのまんま動かしてみたのがコレ。
e0063003_11263948.gif

大型ワイパーを立ててたのにそれが殆ど雪にうまってるのは凄かったなぁ。

今年の春に車を乗り換えてしまったので、2代目のBlack-Rain号は
初代よりもかなり小さくなってしまった。
でも、大型ルーフBOXはそのまま移植したし4人までなら、
楽しく雪山に行くことはできる。
そろそろスタッドレスの最新モデルを買わんとあかんなぁ・・・。

また、こんな大雪、ふかふか雪のゲレンデに行きたいもんやわ。
スノボ、雪山好きな人、一緒に行こうねぇ~♪
[PR]
by White-rain | 2006-11-10 11:50 | 星の数々
随分前にも似たようなことを書いたことがあるかもしれないが、
やっぱり疑問に思うので、また書きたくなってしまった。

俺は基本的にTVニュースや新聞記事については鵜呑みにはしない。
どんなニュースにも報道されない部分があると思っている。
そこには必ず表に出ていない「物語」があるはずだと思う。

でも世の中の人が、みんな俺と同じ視点でニュースや記事を見ている訳ではない。
俺よりもっと深く裏側を推測する人だっているだろうし、そのまま素直信じる人、
また、報道以上に拡大解釈する人、いろんな見方をしているのだろう。

でも、そこで大きく疑問に思うことが一つある。
それは、ニュースや記事を見る人々は必ずしも全員が20歳を越えた、
大人ではないという点。

子供の場合には、TV報道や記事を疑うことも、隠れた部分があることも、
知る由もなく、見たまま、そのまんまを素直に現実だと認識してしまう可能性がある。
コレって凄く恐ろしいことだと思うんよ。

最近、話題になっている自殺問題の報道にしたって、
「いじめを苦に自殺」とかって見出しがやたら躍る訳やけど、
それって子供達にとってどんな影響を与えていると思ってるんや?

視聴率確保? 発行部数の増加? それを増やす為にはなんでもありなん?

報道のあり方ってもうちょっと、どうにかならんのかな??
特に小・中学生までの子供達は大人のように、ニュースや記事の詳細までを、
聞いたり読んだりしない子達も多いだろう。

中身を良く読めば、実はいじめだけではなかったり、いろんな背景が
書かれていたとしても、マスコミはインパクトやいわゆる、報道的においしい
見出しを、クローズアップして誇張するのが当たり前。

その、さわりの部分だけを知って誤認してしまう怖さが存在する。

「いじめによる自殺」→ またあったんや → いじめられたら自殺するねんなぁ。

こんな変な「刷り込み」がいろんな方面で暗黙に子供達に浸透してるんやないのか?

そんな子供達が、もしも、いじめ被害に合った時、思いつくことは・・・・?

ちゃうねんって。
いじめられても自殺は絶対したらあかん!!
いじめから逃げて自殺するのはいじめた奴等を喜ばすことにだってなる。

自殺されてお涙頂戴みたいな同情的ニュースばかりを報道してたら、
自分も自殺したらこうして みんなが悲しんでくれる、同情してくれる、大切に思ってもらえる。
そんな大きなマイナス志向の危ない勘違いを誘発するだけとちゃうんか?

こんなことは自殺関連のニュースだけでなく、他方面でも多々あるだろう。

そう思うと、めっちゃ腹が立つ!! 報道には年齢制限ないねん!! 
小さな子供達がみてることも考えて責任ある姿勢で、報道せんかいっ!!
っと強く思う今日この頃だ。
[PR]
by White-rain | 2006-11-08 11:06 | なにげに思うこと
10月にこのブログにも載せた、ロードスターの消臭処理。

結局、少しマシになったかな? 程度だったので、
今度はエアコンのエバポレーター要するに熱交換器本体ね。
そこをクリーニングしてやろうと作業を開始。

まずは、グロープBOXを外しファンモーターを→のスタート部分から外し、
水がこぼれてもええように養生シートでフロアーをカバーしたところ。
e0063003_18432258.gif

矢印のスタート部分の下がこのファンの直径分の穴が開いている状態なので、
そこからダクト経由で隣のエバポレーターをクリーニングしようという作戦だ。
自宅ガレージなんで排水ドレーンのチューブを抜いてドレーンに
画像の通りオイル交換用のパイプ流用して差込み汚水はココにバケツをセットしてキープ。
垂れ流してガレージが汚水まみれになっては困るし(笑)。

しかし、このまんまでは内部特にエバポ側の構造がさっぱりわからん・・・。
内部を肉眼で確認するには、ダッシュからなんから外す大掛かりな作業を
しない限り無理だろう。  しかしそんな手間なことできんので、コンデジを
接写モードにし、ISO感度をあげて開口部から突っ込んで何枚かとって
部屋に上がってPCで確認。
この写真は矢印の通りの方向でファンユニット内部からエバポ側を撮影したモノ。
e0063003_18142986.gif

うわっ、めっちゃ ばばちぃ~~!!(+_+)!
コテコテに目詰まりしまくってるやん・・・(絶句)。
e0063003_18144671.gif

お、俺、ここを通過した空気吸ってたんかぁ~???っと思うとぞっとした。

そこで早速、以前にTVショッピングで買った、
高温スチームクリーナーを用意してノズルをツッコミ噴射しまくり。
更に洗浄洗剤をシュシュッとスプレーしチャレンジ!!
e0063003_1815259.gif

おっ、泡だらけやん・・・・。
けどパイプ類の黒ずみが落ちてるし熱交換器の目詰まりもだいぶ解消されとる。
ってことで、今度は散水ホースを持ってきて、開口部分からエバポ側に水道水を
ジャバジャバぶっ掛けてみたり。
e0063003_18151689.gif

目詰まりはかなり解消されてきてるのがわかる。 またこびり付いた汚れも
かなり落ちてるようだ。
バケツに溜まったドレーンからの汚水は真っ黒・・・(+_+)。
e0063003_19191833.gif

結局、この作業を何度かやって最後に消臭剤をタップリと噴霧して作業完了。
高温スチームの湯気がモクモクやったんでカメラはヤバそうだったので最後の
撮影は出来なかったけど、かなり綺麗になったみたいやしこれでどうかな・・・?

さて、消臭プログラム2回目の効果はどうなんやろう??
今日は開けて走ってたので、それはまた後日ってことで・・・(^^ゞ。

っと、まぁそんな作業を終えて、なにをしよう?っと思い、
1人ぶら~とカメラとスケボーを積み込んで、開けて生駒山へ・・・ 
じょんは心地良さそうに眠っていたので、今日はお留守番(^^ゞ。

生駒にあがって写真でも撮ろうと自然公園へ行ってみたのだが、
家族連れがめっちゃ多くそこらじゅうでちびっ子が周囲を走り回っていたので、
イマイチ撮影する気分になれず、サクサク降りてきてしまった。

そしてなにげに、大昔、スケボーしまくっていた淀川河川敷公園へ・・・
日暮で人が減れば、オサーン1人、スケボーしても照れくさくなく楽しめるかな?
っと思ったんやけど、なんと車を止める場所がなくなってた・・・(*_*;。
公園駐車場は17時で終わりゲートを閉めてて堤防道路にも入れなかった。
昔は夜でも駐車フリーやったのになぁ・・・・・(寂)
そんな訳でスケボーも出来なかったけど、
沈む夕日がとても綺麗だったので、堤防から降りる道路に路駐して撮ってみた。


大阪の空はやっぱりくすんでるなぁ・・・っといった感じの色やったわ。
ちょうど、鳥が飛んでいたので1ショット。
e0063003_18153757.gif

300ミリ望遠レンズに換えて撮ってみた。 この明るさで、
35ミリ換算480ミリ相当を手持ち撮影できるのはIS効果のおかげなんやろうな。 
e0063003_18174425.gif

ほんま都会色の夕日やなぁ・・・っと思ったわ。 
手前の淀川新橋の灯りと太陽の色がなんとなくシンクロして悲しげに見えた。

車で、ずっと 柳・ジョージのブルース系のアルバムを聞いてたせいかな?
ちょっと、たそがれ気分な休日の日暮れでした。
[PR]
by white-rain | 2006-11-05 19:54 | 星の数々
今週になって大阪の気温もぐっと冷えてきた。

すると不思議なもんで、雪山がより恋しくなるんよね・・・・。
そんな訳で、以前に行ってめちゃめちゃ感動した蔵王を思い出したので、
ちょっと写真を載せてみよう。

まず最初のは、蔵王で食べたホワイトカレー
先入観でカレーはカレー色してないとなんか変に感じてしまうけど、
コレちゃんとしっかりカレーの味してて美味しかったよ。
めっちゃ不思議な感覚やったわ。
e0063003_1644221.jpg


この写真は蔵王山頂付近にある樹氷群。
不思議なもんで、ロープーウエイであがるまでの山麓付近は、
岐阜や長野の雪山となんも変らない景色で、樹氷なんて一切ない。
一体どこにあんねん? みいたいな感覚やけど、
ロープウエイに乗ると一気に世界が変るって感じやわ。
e0063003_1644199.jpg

どう? この広大なスケール。 この小さな突起状のもの全て樹氷。 
e0063003_16441163.jpg

この樹氷の間を縫うように滑ることもできるし、現地で滑るとかなり感動するよ。
e0063003_16442832.jpg

樹氷ばかりでなく普通の木々もちゃんとあります(^^ゞ。
e0063003_16443610.jpg

なんか、雪で凍りついたガチャピンがぎょうさんいてるみたい。
e0063003_16444559.jpg


蔵王の天候はすぐに変るんよね。 コレだけの快晴に恵まれたのは、
もちろん、俺のスーパー晴れ男効果のおかげなハズ(笑)。

でもこの青空もほんの数時間前まではなくて真っ白なガスに包まれていた。
目の前に樹氷があることさえわからない状況の斜面をボードで
降りるのは結構、スリルあったなぁ・・・。

ってことで、是非また行ってみたい蔵王の写真を載せてみました。
[PR]
by White-rain | 2006-11-02 17:00 | 星の数々