ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こっちに書くのは久しぶりです。
今日はChristmasです。 
なんとなく日本の場合、今日よりもイブである昨日の方がクリスマスの
メイン日のような気がするのは俺だけ?

イブの日、 私はスノボ仲間な女性と岐阜にいました。
スノボを存分に楽しんで、帰りに温泉によって、まったり過して・・・、
東海北陸道からの帰り道。 目に飛び込んできたのはコレ。
e0063003_15203748.gif

友達: 「観覧車がキレイに見えてますねぇ~♪」
俺 : 「えっ? あ、ほんまやん。 イブっぽくてええ雰囲気やねぇ(^^)」

     しばし眺めながら運転し近づく。

俺 : 「ほな、せっかくやし イブ気分を味わいに寄ってみようか?(^^)」 
彼女: 「うん。(^^)」

な~んて、ことで東海北陸道のハイウエイオアシス「川島PA」に寄った。
PAに下りて、車を止め、歩いて反対側にあるSA施設へ行ってみたら、
観覧車だけでなく、とてもキレイにデコレーションされたイルミネーションが溢れていた。
e0063003_15204621.gif

観覧車以外にも色々綺麗に飾られてるようなので、急遽二人で散策タイム。
e0063003_15205538.gif

クリスマスを意識し雰囲気を盛上げる演出をした数々のイルミネーション群。
まさか、こんなに色々あるとは知らなかったので、俺はめちゃ感動したよ。
e0063003_152156.gif

この一角は家族連れの子供達やカップルな女性の笑顔がとてもいい雰囲気だったなぁ。
e0063003_15211541.gif

思わぬ場所で『光のクリスマスプレゼント』に満足しながら車に戻った二人でした。

今年のイブは、スノボ、温泉、イルミネーション見物とめっちゃ有意義に過せた。 
俺にとってはコレ全てが、最高のクリスマスプレゼント。
これもスノボ仲間な女友達のおかげです。 感謝、感謝♪ 
[PR]
by White-rain | 2006-12-25 16:27 | 星の数々
もう初冬なんだけど、紅葉が見たくて日曜日に京都まで足を伸ばしてきた。
紅葉の有名な場所はどこも観光客で一杯だろう。
そんなところに行っても、落ち着いた古都の風情は味わえない。
そんな想いもあって、前夜に目的地の下調べをしようと思ったけどやめた。

そして自由気ままに京都市内北部の方へドライブ。
すると、寂光院という歴史ある尼寺を見つけたので行ってみた。
e0063003_10532985.gif

歴史に疎い俺だけど、山の中に建てられた、日本古来のとても凝った庭園を持つ
落ち着きのある寺院だと言うことはわかった。
観光客がどっと押し寄せるような規模でも場所でもなく、
静寂を味わいながら紅葉を楽しむにはとてもいい風情が残っている場所に思えた。
e0063003_10534296.gif

少し調べてみたら、この庭園、平家時代そのままの状態で維持されているとのこと。
俺が見て感じた日本古来との印象は、まんざらでもなかった。
庭園の池にもみじの葉が落ちていた。
水の透明度もあって、まるで水中花のように、紅葉の素敵なシーンを見つけた。
もう少し早ければ落葉ももっと色鮮やかで美しかっただろうな。
e0063003_10535220.gif

そしてそんなもみじが漂う水中を、鯉が優雅に泳いでいた。
玉照姫や藤原信西の息女も、この庭で同じように魚達を眺めていたのかな?
そう思うと遥か昔へのロマンのようなものを感じる。
e0063003_10542100.gif

静かで落ち着いた時を満喫し、本堂でとある願い事を祈り、寺を下った。
この寺院への上り坂は紅葉盛りの時には素晴しく綺麗だろうなぁ。
e0063003_10541274.gif

寺院までの参道沿いにはところどころに京漬物のお店や、温泉宿などがあった。
足湯につかりながらお茶を飲める店もあったりして、雰囲気も良かった。
そんな参道にあったもみじが色鮮やかだった。
e0063003_10542236.gif

少しライトアップされてとても綺麗な色が出ていたので撮ってみた。
e0063003_10543279.gif

ちょっと遅い紅葉見物だったけど、とても楽しい時を過せて良かった。
四季のある日本にいる幸せを改めて感じた一日でした。
[PR]
by White-rain | 2006-12-04 11:41 | 星の数々
俺は一人の♂な人間を、飽きもせず懲りもせず、そこそこ長くやってる訳だが、
悲しいかな自分の体内のメカニズムについては、ほんまわかってない。

こんなに無知で本人が何も知らないのに、飲んだくれようが、疲れようが、
俺の体は365日24時間、一瞬も休むことなく、勝手にちゃんと機能してくれて、
生きているということが、考えてみればとても不思議だ。

そんな俺やけど、人体機能について自分の目で知る機会があった。
それは、「脳」について。

頭では「脳」が全て人体をコントロールをしているのは知識として
知っていたが、現実にそれがわかるような出来事に直面すると
本当に実感として驚くばかり。

例えば何らかの原因で脳機能が低下すると、意識はなくなるし、
顔つきまで変化する。 シワも伸びてのっぺりとし見たこともない表情となる。

これは健康な時には眠っている時でさえ顔の表情は「脳」にコントロール
されて、「生きている表情」として作られているということだ。
故に亡くなられた方の表情が生前と異なって見えるのは、この機能のせい。
はじめて理解納得できた気がした。

また、脳はその部位によっていろんな役割を持っている。
左脳と右脳はそれぞれ右半身、左半身とクロスして
コントロールしているだけでなく、左脳にダメージを受けると、
右半身に影響が出やり、言語機能低下や理系的な考え方ができなくなることがある。
「失語症」などはそういった左脳のダメージによる場合がある。

本当に「脳」って全てをコントロールしているんやなぁ・・・。
見た目はタラの白子を固めたようなグロい感じやけど、
めちゃめちゃ高性能でタフな奴なんだ。っと感心している。

俺の「脳」も大事にしてやりたいな。っと思った。
まぐろの目玉食べりゃええんやろか??
[PR]
by White-rain | 2006-12-02 11:28 | 星の数々