ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私の所属するロードスターのクラブメンバーと共に
蒜山高原へオープンツーリングに行って来ました。

今回はたまたまメンバーの都合があわず、4台5人・・・少なっ!っと思ってたら、
嬉しいことに初参加の方が集合場所(中国道 赤松PA)に
2台2名来られたので合計6台となりました。

NA2台、NB1台、NC3台 という構成。 NCの1台は電動DHT車です。
世界最速?12秒の開閉を目の前で見て感動しました。
めっちゃ楽ちんそうでええなぁ~♪

ってことで、ツーリング風景の画像をUPします。

佐用ICで下りて、国道373号を北上し、道の駅「わくらんど」に到着。
ここで「鯛ちくわ」を食べたら美味かった。 
「昨日は黄砂がめっちゃ酷くて大変やった」と店のおっちゃんが話してくれた。
e0063003_9464712.jpg


今日も晴れてるものの、黄砂の影響でくすんだ感じの空やったけど、それでもオープン
ツーリングの隊列走行はご覧のような雰囲気で緑の中を走り抜けて心地良かった。
e0063003_947231.jpg

で、その後は53号→482号という経路で蒜山方面に向かう。
当初、日本海まで出て海岸道路を西へ・・・というコースを予定してたけど、
走りながらの無線交信で山の中を走ろうってことになり、
482号へ入って昼食をとった後、こんな美味しい場所へ到着(^^♪。
e0063003_9471463.jpg

で、この場所の後ろの展望台から外を撮るとこんな感じの高地だった。
結構、標高高いとこまで来てたんや・・・っと実感(^^ゞ
e0063003_9473039.jpg

ここで、しばし休憩&撮影していると、白(ボンネットFRP黒)NAが走ってきた。
TRCの方らしく、フレンドリーに話し掛けてきてくれて、しばし談笑。
今年のOASISにも来てくれた方で、でかいカーボン羽が印象的なマシンだったが、
残念ながらその車の写真を撮りもらしてしまった・・・(汗)。
e0063003_9474469.jpg

その後、気持ちの良いツーリングは続き、緑の中を隊列でいつもよりスローペースで
走り抜けた。
e0063003_9475783.jpg

そして到着したのが、蒜山高原。
本来ならこの後ろに大山が写るはずやけど、ご覧のような空模様・・・。
元々、今回は大山ツーリングやったんやけど、大山周辺に着くとこんな空模様
やったんで、蒜山高原まででなにげに納得してしまった(汗)。
e0063003_948948.jpg

空は青空って感じではなかったものの、周囲はこんな感じの緑のじゅうたんが
あったりしてめちゃ爽快な気分を味わえる場所やった。
e0063003_9482288.jpg

なんか、ゴルフ場かぁ?って感じもするけど、実はここはキャンプファイアー場らしい。
俺の車の前方に止まっている軽トラのところで、めっちゃデカイ 
キャンプ・ファイアーを組んでましたから。 傍に中学生の団体がぎょうさん居たし、
この夜、大きな炎を囲んで星空見上げて楽しんだんやろうなぁ。
e0063003_9483654.jpg

その後は、ジャージー牛のいる牧場に移動して、めっちゃ濃くてうまいアイスクリームを
食べたり、写真を撮ったり、お土産を買ったり、まったりと過した後、
下湯原温泉にある道の駅ひまわり館の露天温泉へ・・・・
http://www.net626.co.jp/himawari/

e0063003_9484730.jpg

で、のんびりと露天に浸かりながら仲間と談笑した後、まだ時間に余裕もあったので、
373号線を南下し米子道の落合ICより高速に入って帰路についた。
高速を東走しながら後方を勘撮りしてみたら、逆光の中にNCがうまく写っていた。
e0063003_9485613.jpg


全走行距離ざっと500キロ程度。
いつものツーリングよりロングでスローな感じだったけど、
まったりと緑たっぷりな時間を楽しめて良かった!
大山&蒜山は、やはり年に一度は行ってみる価値のあるええ場所でした。
[PR]
by white-rain | 2007-05-27 23:45 | 星の数々
このところ、イカ釣りに没頭中・・・・
既に4回もこの春になってから、チャレンジしているのだが、
釣れたのは初回の大荒れな日だけ(号泣)。
それ以降の3回は、なんとボウズの連続というしょぼくて最悪な状況だった。

ところが、この22日。
やっと念願のアオリイカを釣り上げることができた。
e0063003_1728586.gif

サイズは2.7キロ 胴長42cm、足先まで伸ばせば80cm程度あると思う。
そこそこの良型なアオリイカだった。

この日、俺のカセの周囲では当たりが渋く、周囲も殆ど釣れていなかった。
俺はヤエン仕掛けとウキ仕掛けの2本のロッドで勝負していた。

当たりはというと、一日やって全部で4回の当たりしかなかった。

ヤエン仕掛けには居食いが一回と、走ったのが1回の計2回。

居食いとはエサのアジを捕食したイカがその場で身動きせずに食べ始めること。
この状態だとラインにもロッドにも反応が殆どないので、
イカがエサに乗っていることがとてもわかりにくく、
この時、ウキ仕掛けに気を取られていた俺は、まったく気がつかなかった(滝汗)。

走った当たりの時はヤエンも投入出来たのだが、
残念ながら藻の多い場所だったのでヤエンがイカまで到達できずにバレてしまった。

もう一つのウキ仕掛けの方も2回の当りがあった。
午前中にかなり沖まで流していたウキが水中にゆっくりと沈んだ・・・・

コレはイカに違いないっと思って、いきなり合わせてみたものの手応えはなかった。
アジは少しだけかじられた状態だった。
合わせが弱かったか、タイミングが早かったみたいで大失敗。

イカのウキ仕掛けは俺はこれがまだ2回目のチャレンジで、
今回が初当たりだったので、合わすタイミングがわからずちょっと焦ってしまった。

で、気を取り直してがんばってみたものの、この後、3時までノーヒット・・・・。
残すところあと1時間となった。 

今日もボウズなんかぁ・・・っと、かなりブルーな気分になりかけていた。
エサのアジも残り2匹しかおらへん状態。

その時、ウキ仕掛けについていたアジは、もうあまり元気がなく底に潜らないので、
自立じゃないウキに負荷が掛からずで、半分寝ウキのような状態だった。

そろそろエサ変えな釣れへんかなぁ・・・
っと思いながらボウズ濃厚で鉛のような脱力感を感じながらウキをぼんやり眺めていた。

その時、ウキがじわ~と、水中に沈み始めた・・・。 えっ! おかしいやん。
エサのアジは既にウキを沈めるほどの元気はないのに???

藻に針が絡んだのか、根掛かりか、或いは・・・もしかして・・・イカか!?

しばらく様子を見てもウキが沈んだままなので、軽くロッドを立てラインをそーっと引いてみた。
するとアジ特有のブルブルとした感触がなく、
ゆっくりとだが確実に重く引っ張られる手応えを感じた。

これはイカやっ!! 間違いないわっ!! 
っと確信して糸ふけをとりながらロッドを前倒し、一気にロッドを振り上げて合わせを入れた。

 ガツン!!  針が確実になにかにヒットしたのがわかった。 

びくともしないような根掛りのような感じやったもののテンションを掛け続けていたら、
次の瞬間、強烈な引き込みで・・・・ロッドの先が一気に海中へのされそうになった。
これでバトルの開始となり、気持ちの良い格闘の末、
ようやく3連敗脱出の貴重な一杯となった。
[PR]
by white-rain | 2007-05-22 17:25 | 星の数々
今年で9年目を迎えた、
西日本最大級のロードスターイベント
「OASIS Roadster Meeting 2007 」
実行委員として準備を行い、ようやく本番当日の朝を迎えた。

毎年そうなんやけど、この日の朝は目覚し時計より先に自分で目が覚める。
この日の起床は午前3時だった。 シャワーを浴びてスタッフTシャツを着て
黄色のスタッフ法被を持って会場へかっ飛ばす。
そして予定よりも早く会場に到着する。今年は一人での会場入りとなった。

5月13日(日)母の日 午前5時  天候は曇天だが晴れてくるハズ。
まだ夜が明けたばかりの誰もいない会場に俺とWhite-Rain号が到着。
実はこの時、俺は一人で前祝をしている。
持参した冷えた500の缶ビールを静かに煽って、OASISの成功を願ったのだった。
e0063003_1791428.gif

協賛ショップさん用のテントがその場に伏せた形で置かれている。
この場所はイベントのメイン会場となる場所だ。
e0063003_1793363.gif

やがて、6時に集合予定だった黄色い法被姿の実行委員達が次々と到着し、
会場の設営にとり掛かる。
ステージを組み上げ位置決めし、テントを起こし、PA機材をセッティング・・・・・
全ての設営作業を実行委員と当日スタッフの応援を得て自分達の手で行う。
e0063003_1710683.gif

ついに3年越しでNA,NB,NCの歴代ロードスター達が全て揃った
顔出しパネルを組み立てる。
このパネルのデザインを起こし、色を塗ったり穴を開けたり全て実行委員達による
ハンドメイド品。 ロードスターを題材とした顔出しパネルはココにしかないやろなぁ。
今年も参加頂ける子供達に少しでも楽しんで頂ければ・・・っと願う。
e0063003_1710431.gif

やがて、協賛頂けるショップさんが、次々と到着しデモカーを
テント前に配置し店開きを始めた。
会場がなんとなく、らしい雰囲気になってきた感じがする。 
e0063003_17112424.gif

これがメイン会場側から見た参加者が車を置く、駐車会場側の全景。
今は左側に、駐車の位置決めの為に並べたスタッフの車があるだけの状態だ。
やがてこの場所は全て、参加者達のロードスター達に埋め尽くされることになる。
e0063003_1712977.gif

さぁ、会場設営も完了した。 受付ゲート班も配置についた。車両誘導班もOK!
全ての確認を行ったのち、施設ゲート班に無線連絡を入れる。
「Rainから三木ゲート班 では、開場します! 参加者の入場誘導よろしくです!」
e0063003_1714871.gif

ついに始まったOASIS!! 続々と色とりどりな参加者のロードスター達が入場してくる。
受付けゲート班はフルパワーで参加者を受付て、車両誘導班は安全にスムーズに
車両を所定の位置へ駐車案内する。

この時のなんとも言葉にできない緊張感は、この日までコツコツと
準備してきた実行委員にしか味わえない感覚なのかもしれない。

緊張と興奮の瞬間・・・
いろんなことが頭をよぎる中、ついに幕が開いた・・・・・・
[PR]
by white-rain | 2007-05-13 05:00 | 星の数々