ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今月は1日から出張しまくりで、とにかく多忙な日々を過しました。
最後の出張から21日に帰ってきて、ヘバるかなぁ・・・・?
っと思ってたら、よく眠ったせいかそうでもなく、
久々の休日だった23日にはなんかせんと、もったいないっ!って感じ。
この出張でドタバタしてる間に秋を感じる朝夕の気温を感じてたので、
朝からシャワーを浴びて、カメラを用意し、屋根を開けて走り、
その時その場で「秋」を感じるものを拾い集めに篠山方面へ出掛けてきました。

拾い集めてきた画像だけをノーコメントで載せてみます。
感じることは人それぞれ。
画像をみてくれた方それぞれの感性にお任せってことで(^^)。
なにか感じてもらえて、もし良かったら教えてね。

「和」
e0063003_17351662.jpg
e0063003_17352636.jpg
e0063003_17355349.jpg
e0063003_1736418.jpg

e0063003_17314571.jpg



「彼岸花」
e0063003_17293272.jpg
e0063003_17294772.jpg

e0063003_17304051.jpg
e0063003_17305265.jpg

e0063003_17395880.jpg


「秋桜」
e0063003_1750468.jpg
e0063003_17501272.jpg
e0063003_17502365.jpg
e0063003_17503358.jpg
e0063003_1750415.jpg

 
[PR]
by white-rain | 2008-09-23 22:08 | 星の数々
またまた出張の続きです。

今回は、18日~大分、熊本、宮崎で21日に大阪へ帰る予定。
これが、一連の出張予定としては最終予定です。

ところが、この18日は大型台風が九州上陸目前ってことで、
私の出張日程だとまともに台風に飛び込んで行くようなイメージになってしまった。
しかし実際には大分の夜に土砂降りの雨に遭遇しただけで、
後は台風が予定より南へ進路も変ったおかげで全然問題のない出張となりました。

で、今回の出張に出発するにあたって悩んだのが、実はカメラでした。
せっかく阿蘇を縦断するんなら、デジ一を持参していろんな写真を撮らないと
コンデジだけではチトもったいないかな・・・・って思ったり、
台風来てるし雨で撮影なんかできんかも??

どうしたもんだか・・・っと悩んだ末、自分のスーパー晴れ男パワーに賭けてみることに(^^ゞ。
では早速、撮った写真のお披露目です。

大分市内から442号線を経て竹田方面で国道57号線という、
阿蘇を縦断する下道で大分から熊本入りすることにして出発したものの、
442号線が田舎の国道で分岐路に道路標識もまともにないようなありさま。

で、私はというと大雑把に町の位置関係と地形だけを事前把握して
あとは基本的にどこでも勘で走るタイプなので、大阪人が遠く離れた九州を走るのに
まともな地図すら持たないというええ加減さ(汗)。

おかげで適当に走ってたらやがてこんな道を走リ抜けるハメに・・・
e0063003_16181069.jpg

これでほんまに行けるんかいな?っと思いつつも自分の中にある方向感覚を信じて
走ること1時間。 道は間違っていて国道から外れてたもののどうにか予定通りに
57号に出ることができたのであとはひたすら阿蘇に向かってGO!!

そして目的地の阿蘇に着く頃にはなんと台風も去って青空の見える状況に。
この時にはさすがに誰もが台風でえらい天気になると予想してただけに、
自分の強運ぶりにちょっと感動したなぁ(^^ゞ。

で、早速重いのがんばって持ってきたデジ一君の出番。
まずは全景でも撮ってみようかと・・・・・
e0063003_1611725.jpg

う~~~ん、、、、で、でかいっ!! 
岩肌をあらわにした雄々しい山もあれば、なだらかな曲面の山肌を緑一色で
覆い尽くしたような峰もあったりするので、とても多彩な山の表情を多く見ることができる。
そんな訳で、しばしその阿蘇を正面から右方向へ順に撮った部分写真をご覧あれ。
e0063003_16101564.jpg

e0063003_1610515.jpg

e0063003_16103486.jpg

e0063003_16102621.jpg

e0063003_16105377.jpg

ここはあまりにもスケールがでか過ぎてその雄大さに圧倒されてしまう。  
阿蘇山とその周辺の山の間には広大な平地があり、そこには町が形成されていて
阿蘇市となっている。 そこには広大な農地や牧場があり、なんと電車まで走っている。
山の中の都市といった雰囲気で周囲を山に囲まれているので、
その平地の中から山並みをみるとグルッと周囲全て山!みたいで驚かされてしまう。
e0063003_1611141.jpg

上の写真は左側に阿蘇の北側斜面で右側遠くに山並みが見えている。
その間に広大な平地のあるスケールの広さが伝わるかなぁ?

下の2枚は57号から外れて阿蘇の東側から阿蘇の南側斜面へ抜けるルートに少し入ってみたところ。
こんな景色の道を走れるなんて、めっちゃ気持ちいい~♪っと思いません?
あ~~~!! 自分のロード・スターで開けて走りたいっ!
e0063003_161123100.jpg

e0063003_16113343.jpg


っとまぁ、そんなこんなで張り切って早起きスタートした阿蘇縦断ドライブも、
無事に終えることができて、予定時刻には真夏日の熊本に到着し、
しっかりと仕事をクリアしたのは言うまでもありません。

マジでオフに自分のロード・スターで行きたい場所、NO1候補の阿蘇でした。
[PR]
by white-rain | 2008-09-19 22:59 | 星の数々
今週も出張続き。
先週は福岡を中心として後は佐賀の鳥栖方面だったが、
今週は福岡の久留米、佐賀市内方面、長崎という予定。
福岡まで空路で入りそれからの移動は全て会社の車を自走しての移動となる。
そんな予定の中で今回は長崎に着目してみた。

9日に鳥栖で泊まりオフでは拠点スタッフの女性達との飲み会で楽しく過し、
10日の朝は早起きしてダッシュで佐賀市内方面の拠点へ移動。
現着後は朝一番から昼メシも抜きで仕事を最速で終らせて、
午後3時過ぎには今夜宿泊予定の長崎へ向けて移動。

なんでそんなに焦ってたのか?
というと自由時間を作りたかったから(^^ゞ。

実は、長崎といっても佐世保市が目的地なので、早めにチェックインして
長崎市内まで行ってみたいと思っていたのだ。
ところが長崎というのは地形が複雑で、佐世保と長崎市は同県内といっても
50キロ以上の距離があり、おかげで佐世保までは行っても長崎市内には
今までまったく縁がなかったんよね。

そんな訳で佐賀から長崎道をぶっ飛ばしてあっという間に佐世保のホテルにチェックイン。
その後は、行く前から連絡していた長崎市内に住むロードスター仲間と待ち合わせをして、
市内方面を案内してもらうことにしてたんよね。

そこで待ち合わせ場所へ行く為にまず通過したのが、「西海橋」
観光名所のようだけど、なにがどう有名なのかは知らない。
e0063003_152842.jpg

この細い海峡のような場所に赤い橋と直ぐ隣に白い橋の2つの大きな橋が掛かってた。
確かに海面までの高さがそこそこあるし、眺めているとそれなりにええ感じやったけど、
普段、大阪近辺で明石大橋や南港大橋などのアホみたいにでかい橋を見慣れている
自分にとってはちょっと物足りなく感じてしまったなぁ・・・。
e0063003_15281362.jpg

そしてその後は長崎市内方面へ南下したんやけど、湾内に見える景色がとても美しい。
車で走りながら、コンデジで海を撮影してみたよ。
e0063003_15282337.jpg

内海なので、荒れることも殆どないせいか、島の木々が海面ギリギリまで生えてて、
どの島もモッコリとした形になってるのがおもしろかったなぁ。
e0063003_15283159.jpg


その後、友達と無事に合流できてしばらく喋ったあとは、市内のうまいチャンポン屋に
道案内してもらって食べることに・・・・
その途中で「浦上天主堂前」を通りかかったので、とりあえずパチリ。
ライトアップがなんともええ感じやったんで、じっくり撮影してみたらきっといい写真が
撮れそうだなぁっと思ったけど、今回は時間がないのでスルーしました。
e0063003_15284039.jpg

そして、到着したのが中華料理屋さんの「ながさこ」。
既にお客さんが空席待ちな状態で、30分ほど待ってから頼んで出てきたのが
このちゃんぽんと焼き飯。 
e0063003_15284823.jpg

量は2人前分ほどあるので二人で別けて食べたけど、
このちゃんぽんも焼き飯もめっちゃ旨くてアッサリとした味付けが絶妙やったなぁ。
自分の人生の中で、コレが一番うまいちゃんぽんやっ!って感じで満腹になりました。

その後は市内の夜景を見ようってことで、行ってみたのがココ。
本当は対岸側の山からの方がもっと広くてキレイな夜景が見えるらしいけど、
今回は時間の都合もあるので手前側にしました。
e0063003_1529188.jpg

それでも、この夜景は落ち着いて見ることができる穴場的スポットだったんで、
俺は落ち着けて良かったなぁって感じ。
そして同じ場所から南の方を眺めると、「女神橋」といわれる美しい橋が見えました。
e0063003_15291066.jpg

とてもキレイな橋でライトアップ具合も程よくて、確かに女神橋という名前がピッタリ。
そんな風に思えたよ。

そんな訳で、長崎市内は夜のみだったけど楽しむことが出来たので、
とても充実した夜となりました。
その後、佐世保のホテルまで50キロ以上の距離を走って戻ったものの、
行きと違って夜なんで景色が見えずもったいなかったなぁ。

そして翌朝一番から佐世保で仕事をこなし、夕方には長崎空港まで
送ってもらって空路で大阪へ戻りました。

長崎はめっちゃ眺めのええ海岸道路が多いんで、
ロードスターでいつかドライブしてみたいと思えたなぁ。
どんどん九州旅行の目的地が増えちゃいそうな勢いです(^^)。
[PR]
by white-rain | 2008-09-11 23:37 | 星の数々
9月は久しぶりに出張予定があります。
月のほぼ半分は家にいないような状態となります。

そんな状況の中、最初の1日~4日までの福岡出張の帰り、
飛行機の窓から見える美しい空の景色に
疲れを癒されながら帰ってきました。
e0063003_14111156.jpg

夕日に染まるきれいな雲や空の色。
眼下に広がる瀬戸内海や島々などは本当に美しかった。
特に刻一刻とその表情が変っていく夕暮れ時のフライトは
とても幻想的に思えるのでとても大好きです。
e0063003_14113350.jpg

しかし機内を見ると大半の出張帰りのビジネスマン達は、
疲れからか眠っているか雑誌などを読んでいたりする人達がほとんど。
e0063003_14124699.jpg

この美しい景色を眺めていたら、心が癒されて心地良いのになぁ・・・・
っと思う俺はどうやら少数派らしい。 窓の外にはこんな景色が広がっているのにね。
そんな訳で、ココへ遊びにきてくれる方にも、
飛行機の窓から撮ってきた画像を素直にみてなにか感じてもらえれば嬉しいです。

ほんじゃ、ここからは言葉は省略ってことでね(^^ゞ。
e0063003_14134912.jpg

e0063003_14355355.jpg

e0063003_14141144.jpg
e0063003_14245829.jpg
e0063003_14251251.jpg
e0063003_14252041.jpg


どうでした? 
あなたは地上から見ることのできないlこの景色を美しい眺めだと思えました?

私はどんなに多忙な時でも「感じる心」は持っていたいと思っています。
美しいものを見た時は素直に構えず感動したいし、嬉しいことがあったら喜びたい。
それが子供っぽいと思われても別に構わないと思っている。
いくつになっても素直になれたり、感じたりする気持ちを持ち続けて生きていきたい。
[PR]
by white-rain | 2008-09-04 21:27 | 星の数々