ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今日は雨上がりの一日。

しかし予想以上に天候は回復し、大阪には珍しくとても澄んだ青空が広がった。
そこで俺は屋根を開けて京都へ写真を撮りに出掛けた。

場所はいつもこの時期に訪れる、宇治の三室戸寺
今年も銀杏の黄色が眼に鮮やかでとても美しかった。
ここは静かでこの時期はあまり多くの人が来ないので私の好きな場所だ。
e0063003_1624387.jpg

今年はもみじの色がとてもまばらで、少し鮮やかさに欠けるけど、
なんとなく落ち着きがあってそれはまた良いかも知れないなぁっと思った。
e0063003_1625526.jpg

既に庭のコケの上には無数のもみじの落ち葉が・・・・
もう直ぐ訪れる冬の気配を感じたなぁ。
e0063003_16264184.jpg

紅葉は燃えるような紅だけではない。 こうした黄色もええんよね。
e0063003_1627694.jpg

空一面をいろんな色のもみじが覆っている。 真っ赤な艶やかさはないものの、
色とりどりの葉が秋らしい雰囲気を感じさせてくれた。
e0063003_16273180.jpg

ところどころにある燃える紅色の葉が太陽に照らされて鮮やかさを際立たせる。
e0063003_162813.jpg

自然とは実に素晴しい。 天然でこんなに鮮やかな色の変化をもたらしてくれるのだから。
大昔から確実に繰り返されてきているであろう、これらの光景。
四季のある日本の良さの一つは、この自然美をうまく取り込んでいる事かもしれない。
e0063003_16313389.jpg

とても色鮮やかな黄色の葉をつけた銀杏の大木を背景に撮ってみた。
自然が織り成す色の世界って本当に深いなぁ・・・。
e0063003_16283187.jpg


今年も紅葉を見ることが出来て良かった。
日本には長い歴史があり、そこには自然をうまく取り入れた独特の和文化がある。
自分はこれらのことに詳しくはないけど、年齢を重ねてきてやっと最近、その素晴しさや
良さに気がつけるようになってきたと思う。

若い頃は日本文化=古臭い、カッコ悪い、おもしろくない。 なんて大きな勘違いをしてた。
海外文化=かっこ良い、なんて訳もわからずに思い込んでたなぁ。

本当は日本文化はとても素晴しく深く、おもしろく、とてもセンスのいいもんだ。
こうした庭園も、和服も、紅葉やお花見を楽しむ感性やその風習にしたってね。

考えてみれば日本人なのに日本文化を良く知らないなんて、
なによりカッコ悪いのは、俺自身ちゃう?っと思えている今日この頃。
まずは四季折々の日本の美しい表情を知ることからそれにまつわる日本文化のことを
知っていければいいなっと思った。
[PR]
by white-rain | 2009-11-15 20:21 | 星の数々