ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

私は自他共に認める「うどん人」
お蕎麦は1年に1度も食べないことがあるけど、うどんは3日一度ぐらい食べている。
そんなうどん大好きな私が、自分の中で最高に旨いと思ううどんがコレだ。

伝説の讃岐うどん 宮武うどん
e0063003_1138568.jpg


e0063003_1138359.jpg


この宮武うどんの本店は数年前に閉店してしまった。
私は何度かその本店で食べたことがあったけど、
実はこのうどん屋さんが、実は凄いうどん屋さんだと知らずに、
出張中、たまたま現地の仕事仲間に聞いて食べにいったのがはじまり。

本当に素朴で旨いうどんに当時訳もわからず、これは旨いっ!感動してた。
その後、ネットとかで実は讃岐うどんの元祖的な店であることを知った。

昔、宮武うどん本店で修業を積んだ多くのうどん職人が、
その後独立して各地で讃岐うどんの店をだし、今では多くの有名店の店主となっている。
つまり、宮武うどんは、讃岐うどんにとって原点となるような店のようだ。
本店にはきさくな大将がいて素朴でとても温かい雰囲気の店だった。

そして今は高松西IC近くに「宮武うどん」の看板を復活させた店がある。
本店で修業を積んだ方が大将に看板をもらったようで、
時々閉店した本店大将が来て厨房に入ることがあるそうな。

はじめて新しい宮武うどんに行ってみたけど、
店に入ると、店主らしき人が、きさくな笑顔で近づいてきて、
今日のうどんは「ひや」が甘みが出てて美味しいよ。っと教えてくれた。

e0063003_11123590.jpg


本店と変らない味が懐かしい。 また店の温かい雰囲気にも感動した。
うどんは、写真の通り、シンプルそのものだけど、このうどんやはり只者ではない。
うどん麺に角があり薄っすらと麺の中ほどが窪んでいるのが宮武うどんの特徴。
コシがあって甘くて本当に旨いんよね。
また出汁も少し塩味が強めだけど、とても美味しい味が出ている。
一杯250円 価格も正直ビックリするほど安い。

文字ではうまくその旨さを語れないのがとても残念だけど、
本当になにも余計なものがない生粋の讃岐うどんってイメージ。
コレを食べれたことがとても幸せだ。

また、いつか宮武うどんを食べに行こうと思う。
[PR]
by white-rain | 2011-07-23 11:11 | 星の数々