ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

神社に慰霊はできんのか?

今朝、小泉首相が靖国神社に参拝に行くらしい。
というニュースが流れた。

きっと、韓国や中国などからまた抗議されるんやろな。
でも、なんでそんなに抗議を外国の人に
されなあかんのか? 俺には良くわからん。

確かに戦犯と言われる人もまつられているかも
しれんけど、それは極々ほんの少数であって、
圧倒的大多数は普通の兵士達なのは事実。
国の命令を受け兵士として従軍し戦い命を落としていった
数多くの兵士達が奉られている。
靖国で会おうと誓い合って死んでいった兵士達も数多くいると聞く。
そこへ今の日本の首相が参拝に行く。

どこが悪いねん! っと激しく思う。

逆にほんの少数の戦犯達がいるから、
その多くの一般兵士達にも参拝できないとしたら、
その方がめっちゃおかしいと思う。

俺は戦争支持者でも美化したい人でもない。
戦争なんてない方がええに決まってるしいつまでもそうあって欲しいと思う。
けど、この問題が取りざたされると、俺はいつもこう思ってきたし、
小泉さんの姿勢は激しく支持したい派なのである。

でも、一つだけ疑問に思うことがある。

なんで、「神社」なんや?
普通の日本の慣習からすれば人が死ねば、その行き先は、「」やん。

神社は「神」をまつるとこ。 寺は「仏」をまつるとこ。

正月は神社に初詣に行き、2月にはバレンタインデーを祝い、
盆にはお寺にお墓参りし、クリスマスは大いに祝って楽しむ。
めっちゃ不思議で怪しい信仰心を持った日本人。
そんな俺の極めて薄っぺらくええ加減な知識の中では、
ぼんやりと、こんな認識があるんやけど、
もしも靖国が「寺」で、仏さん達への慰霊という
形であれば、諸外国かてなんも文句は言わへんのやないん?

神社であるが故に、そこに奉られているものは「神」。  
日本の首相は戦犯達を「神」としてあがめている。
諸外国からは慰霊ではなくそういう風に思われてしまうのか?

諸外国から誤解を招くから、行かない。控える。日程をズラす。
国の命令に従い、戦い死んでいった多くの兵士達がいたのは事実やのに
そんな兵士達の慰霊に今の日本の首相や政治家達が公式に行けない。

そんなん、あかんやろ。

諸外国に誤解を与えずにそういうことが公にできる方法を検討せんと、
今のままでは死んでいった数多くの兵士達が浮かばれへんがな・・・・。
[PR]
by white-rain | 2005-10-17 12:06 | 星の数々