ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

違法建築問題。

一体、世の中には「違法建築」に該当する
マンションやビルって、どれぐらい存在するんだろう??

今、マスコミを賑わしてる、構造設計の偽造問題。
これは氷山の一角だと言う人もいる。
でも、その実態は我々素人にはわからない。
ましてた、綺麗に建築されて完成してしまったら、
まさかそんな建物なんて誰も思わない。

実際に地震でも起きて倒壊してからはじめてわかる。
そんなものなのかな? そう思ってた。

ところが、
この前、TVでその欠陥マンションの取材で、
鉄筋が実際に柱の中にどのように入っているか? 
建物を壊さずにX線による調査をやっていた。
ちゃんと見えたよ。鉄筋の太さや本数まで明瞭にね。

これをみて、な~んや、と思ってしまったわ。
完成してしまった建物でも
簡単にチェックする方法、あるやんか!!

だったら、今、国内に建築されているマンションを、
国が片っ端から調べるシステムにすればええ。

設計・中間・完成 検査で、はいっ終わり~!
そんな目の粗いザルなシステムに固執しなくても、

実際の建物の骨組みを簡単に生で見れる装置があるのなら、
それを使って生情報で検査すればいい。

国税だって税務署だって、査察や監査やってるやん。
で、脱税や申告漏れがあれば、追徴や徴収してる訳でしょ?

建築物に対しても、国がそういった機器を利用して、
実際の建物を検査し、違法な建築物であれば、
国の命令で建替えさせるなり、補強させるなり、
そういう制度を設ければ、済む話じゃないのかな?

そういうシステムになれば、違法建築なんて
簡単にはできなくなるのでは? っと思うんやけどね。

まぁ、実際には、地中深くの基礎土台の状態や、
建築材料の優劣とか、他にもチェックすべき点は
多々あるのかもしれないけど、
少なくとも、柱とか張りとかの建物強度に関係する
骨組み部分に強度不足や手抜きがあるのかないのか?
それがわかるだけでも、凄く価値のあることじゃないのかな?

そんな簡単なことが制度化できない理由はなんだろう?
政治家と建築業界との臭い匂いがするような気も・・・

日本丸の舵取りって、やっぱり難しいのかなぁ~???
[PR]
by white-rain | 2005-11-29 16:55 | なにげに思うこと