ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

イカとの格闘

今日でいよいよGWも最終日

俺はこのGWをどう過ごしたかと言うと、
休日出勤、浜辺BBQ、イカ釣り・・・まぁまぁ、充実? 
そこそこええ過ごし方ができたかな・・・(^_^;)。

で、イカ釣りについてちょっと書いてみると、
和歌山のいつもの渡船屋さんに6日に予約して友人と2人で行って来た。

朝、6時出船 イカより多い?釣り客で、
渡船屋さんのカセもイカダも満員御礼だった。
俺達はカセ(海上の小船)だが、桟橋からこういった船団を組んで出港する。
この時俺も同じような船団の右端の小船に乗っていて、後続の船団を撮影
してみたが、揺れる船上なのでブレてしまった・・・(^_^;)。
e0063003_10423857.gif

e0063003_10425710.gif

中央にいるのがエンジン付きの親船で、その両サイドにカセをロープで繋いで
沖の釣りポイントまで曳いていき一艇ずつ、アンカーを沈めてその場に放置プレイ(^_^;)。
そうして夕方の4時まで黙々とイカを釣るのだ。

今年の春アオリは例年並に群れが入っているようで去年の春とは大違い。
去年の春は自己ワースト記録(春シーズン完敗で連続5回、完全丸ボウズ)
とはならない予感を感じながら釣りスタート!!

で、、、ふふふっ。 予感的中!!ヽ(^o^)丿
船のイケスの中を泳ぐ釣り上げたイカさま。 
イカを見慣れてない人だと昆布のような色の濃さに驚くかもね。
普段はこんな色で興奮すると白っぽく体色が変わるんよ。 
e0063003_10525432.gif

イケスから出してみたイカさま。 これが俺達の釣果で一番デカくて2,3キロだった。
e0063003_10534313.gif

結局、友人と2人でアオリイカを合計6杯釣り上げることが出来た。
去年の悔しい思いがこれで完全にぶっ飛んだ!!ヽ(^o^)丿
天候は曇天で強風という悪コンディションの割にはまずまずな釣果だった。

今回の釣行では、
今までに経験したことのない大物のイカさまと遭遇・・・。
イカ特有のブシュー、ブシューという食い込みがあり、
タイミングを見計らいヤエンを投入して見事に掛かったまでは良かったが、
あまりにも強烈な引きにビックリ!!
船べりに足を掛け強い引きに抵抗しながら竿にテンションを掛けっぱなし。
竿は当然満月状態で穂先は水面に入った状態で、リールを巻いても
ブシューっという強烈な引きでラインがジリジリ出てしまう。
満月になったロッド&ラインからは糸鳴き音しっぱなし。

2キロクラスではあり得ない強烈な引きと重さ・・・
3キロオーバーは確実 もしかして4キロ級?? 
っと胸が高鳴るが、イカがあがらへん。。。。

格闘すること10分過ぎ・・・ 腕は既にパンパンで体力も限界・・・。

もしかしたら、海草にしがみつきながら抵抗してる?
取り込めない予感・・・ 
ロッド折れへんかな・・・、ライン切れへんかな(滝汗) 
そう感じはじめた瞬間 

   ブチンッ・・・。

ついにフロロ100%の3号ライン強度の限界を超えて高切れしてしまった。
バラしたことの悔しさよりも、こんな大物がマジおるんや!
って体感できたことと体力の限界までやりとりできた嬉しさ楽しさで感動!!

次は絶対取り込んだるでっ!!  
なぜか悔しさよりも爽快な気分で海中を見ながらそう思ったよ。 

17時、GWだし和歌山からの帰りは相当混むだろうと予想し、
高速の渋滞ポイントを避けて下道で吉備まで走って帰ってきたら、
たいした渋滞にもはまらずに2時間足らずで家に着いた。 
そして、早速、さばく前に記念の一枚。
身が半透明で新聞が透けてるのわかる?? 
この鮮度だと刺身はコリコリしてて旨いんよねぇ・・・。
特に、アオリはこの胴の横のペラの部分が絶品の歯ごたえやねんヽ(^o^)丿。
e0063003_114281.gif

イカって目がデカイんよねぇ・・・・。ってことで、ちょっとクローズアップ。
見方によってはグロイかな・・・・
e0063003_1144286.gif

俺がこの日釣ったのは、1,3キロクラス2杯とキロ以下1杯の食べ頃サイズ。
友人のは2.3キロのそこそこサイズ1杯と他の2杯は俺と同じサイズだが
なぜか俺はメスばがりで友人はオスばかりと性別が綺麗に分かれてた。

もしかして、3カップルを2人で釣り上げてたんやろか??
イカさまデートを邪魔してしもた気分だ・・・(^_^;)

さて、次はいつ行こうかな・・・ 今度はスルメを作るどー!!
[PR]
by white-rain | 2006-05-07 10:37 | 星の数々