人気ブログランキング |
ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

なんだか最近、本末転倒というか、
中身のない、または薄っぺらい事件が多いなぁ。

不幸な自殺も増えているが、それもなにかの責任をとる
ような信念とか強固な意志によってではなく、
殆ど現実逃避が主な動機の「負け犬」でしかない。

世の中が豊かになり人は勤労意欲を失った。
世の中が便利になり人は知恵を使わず不器用になった。
物質的にはとても豊かに便利に恵まれてきたけれど、
人の中身は、どんどん弱く貧しくなってきている。

本当に大切なことってなあに?
突き詰めて考えれば人の中身だ。
そこが成熟しないと、まともな社会なんて形成できない。

人の中身が退化してしまうような文明なら、
これ以上発展進化を遂げなくてもええと思う。
武道で言えば「心技一体」技だけ上達してもあかんのよね。

そんなことを最近感じながら過している。
果たして人の中身はこれから進化していけるのだろうか?

今に生きる俺。
退化した人間にはならんようにしたいぞ。
by white-rain | 2006-10-31 18:08 | なにげに思うこと
10月最後の週末。
俺は特になんの予定もなく、一人でなにをしようか思いつかず困っていた。
ドライブに行きたかったけど一人じゃなぁ・・・・どうも寂しく感じて行く気にならんかった。
ほんじゃ、イカ釣り・・・ でも、ホームは人多いし海の状況が悪いことが予想される。

う~~ん・・・ なにもしない週末なんて、あり得へん!
家でゴロゴロなんて俺には休息どころか拷問でしかないがな。 なんかせんと・・・(汗)。
ってことで、ほんじゃ、釣り道具を積んで出掛けよう!
そう思ったのが土曜日の昼前だった。

 目的地は・・・・日本海。 
 帰りは・・・・  適当に月曜の早朝までならいつでも。 

 っという超アバウトなあってないような予定。
 ま、一人やし、どこへ行こうがいつ帰ろうが自由の身。
 ほな、缶ビール持参で、自由気ままに釣り三昧でいこう!ってことで出発。

そしていつもの京都北部をやめて福井方面へ向かった。
ネットで軽く情報収集していた港へ着いてみると、防波堤は既に釣り人だらけ・・・。
こりゃ、あかんわ。
ってことで、あてもなく先へ進み、なんとか小さな漁港を見つけて16時には釣り場に入った。
釣り場はこんな感じの防波堤。
結局、真夜中にこの写真の先端外側部分に移動してやることになった。
e0063003_13592974.jpg

ところどころ防波堤が黒くなってるのは、イカを釣り上げた時の墨の跡。
イカ釣りの場合、この墨跡の状況で、釣れ具合はおおよそ見当がつく。
先端部分が一番黒くなっていて、この防波堤では一番のポイントだったようだ。
e0063003_13593763.jpg

対岸にはなんと原子力発電所が丸見えだ。
なんか、海水触るとピリピリしそうな気もするが、そんなハズないわな(^^ゞ。
e0063003_13594758.jpg


一般的に魚釣りは、一日の中で朝マズメ、夕マズメという、夜明けと日没前後の
時間帯が一番、良く釣れると言われる。
で、俺はその夕マズメからはじめての釣り場でチャレンジという、
ことで気合い充分でやっていたのだが、日没後もしばらく当たりの一つもなかった。
で、すっかり暗くなってから、
イカ釣りにきたのに、チビっ子なタコが釣れた。
しかも、いきなり立て続けに2匹も・・・(;´∀`)ゞ
e0063003_13595666.jpg

おいおい、キミやないねんってば。 しかも自分、ちびっ子過ぎるんちゃう。
俺は、イカ を釣りにきてるねんで。
あんたは大きなって、マーメイドに「消臭力」でも渡しとったらええねん。ってことで、
丁重に海に帰って頂いた。

それから数時間後、今度は重い手ごたえがあった。
おっ! っと思ったものの、どうも抵抗する動きが感じられない・・・・。
なんや?? 海草類を掛けたかな?? っと思って釣り上げてみれば、、、、、コレ。
e0063003_140653.jpg

わかるかな?? こいつの正体は、、、

    「なまこ」ヘ( ´∀`)ノ~ 
だからぁ・・・イカ釣りやっ!ちゅうてんのに。 ほんまわからんやっちゃなぁ・・(;´∀`)ゞ。 
っと、そんな感じでガックリしながらも休みなく竿振り回すこと8時間・・・
一切なにも釣れず、当たりもなく、激渋で最悪な状況となった。 (周囲の釣り人も同じ)
夜中の3時頃、潮の向きが変った。
これはええチャンスかも?っと思い、がんばってるとグイッとエギを引っ張っていく当りが・・・

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!! ってことで、
キッチリ見逃さずにフックし巻き上げてみると、触手1本だけ針掛かりした
胴長20cmのアオリイカだった。 やっと釣れたぁ~! 坊主免れたぁ~☆
でも、取り込み時に油断して大量の墨を吐かれ、
クーラーボックスにまともに着弾(@_@;)。  ヤッバァ~・・・(ToT)
。このままじゃ車に積まれへんがな。。。 取り急ぎイカをスカリへ・・・・
墨が固着せんうちに海水で流したりふき取ったり・・・っとアタフタしてたら、
写真を撮るどころではなくなってしまった。

その後、気合いを入れてチャレンジしてみたものの、ほんの30分程で、
潮の向きがまたしても元に戻ってしまい、なんの当たりもない状態へ逆戻り・・・。
あとは、朝マズメに最後のチャンスを期待するしかないか・・・っと思ったものの、
1杯釣れたんやし、イカはおるんや。
ひょっとしたら「出合い頭」があるかも? っと思いいろんな方向へキャストするも無反応。
朝マズメも、周囲の誰一人、イカを釣り上げることもなく完全に夜明を迎えてしまった。

はじめてのポイントで根掛りもちょこちょこあり4本のエギをロスト。
そして、ボロボロのエギ3本と再利用可なエギ1本を回収・・・(爆)。
ラインシステムを強力なのに変えたので、そこらに根掛って沈んでるラインや
エギ類を根こそぎ引き抜けてしまうのだ。
でも、エギの胴体自体が引っ掛かるとさすが引き抜けずラインを切るしか手段はなかった。
まぁ、新規場所で一晩フルにあっちこっち攻めりゃこれぐらいはしゃあないな。

ってことで、結局朝まで一睡もせず休みもせず、一人漆黒の海で竿振り回したけど、
やはり、潮悪く釣りにはならない状況に1杯のみという状態に終わったのだった。
なかなか、うまいこといきませんな(^^ゞ。 

けど、まだまだ。 俺は釣れまくるまで必ずリベンジしまっせ!!


余談
めっちゃぼ~とした頭で、帰りにちょっと撮ってみた原子力発電所の全景
e0063003_1401754.jpg

陸上からは進入路も決まってて、それなりに警備はされてるけど、
海上から見ると、まったく無防備やなぁ。
施設の柵から10メートルもない距離にカセ船が係留されてたり、釣り船も多い。
排水溝の温水に群がる魚を狙ってるんやろうけど、これだけ安易に施設に
近づけるなら、進入するのはめちゃ簡単やろね。
北の特殊部隊がきたら、一瞬で施設は占拠されるんやろうなぁ・・・。
原子力を扱う施設がこんな状態でええんかな?っと疑問に思えたわ。
by White-rain | 2006-10-29 13:42 | 星の数々
俺のアホアホぶりが進化してます・・・(汗)。

昨日はビジネスで西梅田に出る予定があった。
もちろんビジネスはそれなりにこなした訳だが、
時間の余裕がある予定だったので、ピカッー☆
って、ことで重くでかい一眼をビジネスバッグの底に忍ばせてしまった・・(;´∀`)ゞ。


で、仕事をこなした後、ちょっと散策しながら撮ってみた。
「梅田スカイビル」 梅田のランドマークタワーと言えるんかも知れん。
見た目には、なんかけったいな建物に見える。
快晴の秋空だけどガラス面に映りこんだ中央の円形空間の中にだけ雲が見える。
おもしろいっと思った。
e0063003_11114376.gif

見れば見るほど不思議な建物やなぁ~っと思った。
このビルには緑地帯があるのだが、そこがまた一風変っている。
昔ながらの田んぼ&稲干し棚があったり竹林があったり、花壇があったり。
近代的なビルの下にのどかな田舎の風景って極端過ぎるんとちゃう?
大阪ぽいコテコテ感を感じたが、竹林は和風でええ感じやと思った。
e0063003_1111548.gif

この街路樹の葉の緑が微妙に色づいてて鮮やかに見えた。
都会のど真ん中で、周囲も綺麗に清掃もされてて雰囲気はええんやけど・・・・
なんか寂しいというか、閑散とした風景に、気温よりも冷たさを感じた。
e0063003_11121950.gif

いかにも都会の人工的な雰囲気で、オシャレな感じがした。
川が流れている風景というよりも、水を流しているオブジェって雰囲気やな。
しかも街路樹の落ち葉が殆どない。 きっと毎日綺麗に掃除してるんだろう。
でも、整い過ぎてて自然の生命力みたいなものまで、かき消されてる気がした。
e0063003_11122917.gif


都会の雑踏の中、特に西梅田方面って、比較的新しい開発地なんで、
街も設備も整備が行き届いててとてもお洒落で綺麗な場所が多い。
だけど、なんか寒いんよねぇ・・・。 人肌っぽい温かさがないように感じる。
商業地域なので、住宅地のような生活感がないせいかな?
そんなことを思いながら、ちょっと撮影して帰ってきました。

おっさん、仕事中になにしとんねん! っというお叱りはナシってことで・・ね(;´∀`)ゞ。
by White-rain | 2006-10-27 11:45 | 星の数々
*イカ釣りを一晩中楽しむ。
*オープンドライブを満喫する。
*自由気ままに写真を撮る。
*お酒を楽しむ。
*好みの料理を作る。
*好きな音楽をきく。
*映画を観る。
*旅行に行く。

どれもこれも。俺には自由に実現できるものばかり。
これら以外にもまだまだ出来ることはある。
そのどれもが、やれば楽しいし、嬉しいし、充実はする。

俺はまるで自由な鳥のよう。 
自分の意思で好きな所へ飛んで行き、好きなように行動し、好きなように過す。

でも、 なんか、足らんのよ・・・ いつもね。 

一人で遊ぶのもそろそろ飽きてきちゃった。
一緒に遊びたい。過したい。語りたい。  

アオリイカは釣り上げれば可愛いけど語っても墨を吐くだけ。
素晴しいオープンエアーな景色も一人じゃ色あせて寂しさ募ったり。
写真は奥深く楽しいけど自己満足な世界。

年齢や社会的立場が確立してくると、なかなか素直に行動しにくくもなるし、
人生ってなかなかうまくいかへんもんやなぁ(;´∀`)ゞ。
な~んてね・・・・・・ ふっヘ( ´∀`)ノ~

あ、ぼんやり海が眺めたくなってきた・・・
e0063003_17213520.gif

by White-rain | 2006-10-24 14:48 | なにげに思うこと
最近、俺がはまっているものの一つに撮影がある。
ま、趣味はやたらと多いので、コレもその内の一つ。

俺は、昔から写真には興味を持っていた。
ヤシカの2眼カメラで興味を持ち、ペトリの一眼を持てた中学の頃、
勢い余って家に暗室まで作ってた(押入れ暗室ね)。
当時はフィルム現像から焼き回しまで、全て自分でやっていた。
ま、高価なカラーには手が出ずモノクロの世界やったけどね。

その後、写真を嫌いになった訳ではないが、進む方向性を大きく間違ったので(苦笑)、
写真からは遠ざかってしまったのだが、その頃に身についたマニュアル操作感覚は
今も自分の中にあり、そのせいかコンデジを常時持ち歩くようになって、
いろんなシーンで撮影にすることは8年ぐらい前から日常化していた。

そして最近はコンデジでは飽き足らず、一眼に戻ってしまった。
最近、家にいるとカメラをおもちゃにしている。
そして、何気に撮るんやけど、これがとてもおもしろい。

例えば、こんな感じ。
これは、前に丹後の海岸で拾い集めた「Seaglass」。
それを、これまた以前に丹後の海に潜ってとった獲物の殻に入れて飾っている。
e0063003_236838.gif

乾くと表面が白っぽくなるので、加工すべきなのだが、まだそこまではやっていない。
なので、撮影の為にちょっと水で塗らしてみた。
この石は一つが1cm~2cm前後の大きさだけど接写によってクローズアップできる。

また外に出てみると、近所を歩くだけでもいろんな撮影素材がある。
e0063003_2362582.gif

小さな世界なんだけど、そこにいくつもの本当に綺麗な瞬間があるんよね。
そのことに気がついていない、自分になんとなく驚きを感じている今日この頃。
e0063003_2364349.gif

いろんな自然の瞬間をこうして「点」として捉えることができるのは、とてもおもしろい。
e0063003_2365956.gif

とても美しい世界が、実はすぐ身近な場所にあるんやね。
e0063003_2371367.gif

なんだか、すっかりハマってしまったな。
最近の俺は単焦点レンズの魅力に、どっぷりとハマってしまっているのだ。

肉眼よりもレンズを通すことでぐっと広がる世界がある・・・まさにそんな感じ。
ほんと、撮影することが楽しくなってきたよ(^^)v。
もっともっと色んなものが撮りたいな~♪
by white-rain | 2006-10-22 23:36 | 星の数々
昨日の夜、俺は北新地へ飲みに行ってきた。
こじんまりとした店なんだけど、落ち着ける雰囲気でええ感じ。
卓上の炭コンロで魚や鳥などを自分であぶり焼きながら食べる店だ。

楽しく色んな会話をしながら焼きながら飲みながら・・・・
うまいつまみと素敵な飲み友達と楽しいお酒を飲めてご機嫌さん♪
で、その後はまだ時間が早かったので、カラオケへ・・・・
ここでもまた楽しく過ごせた。

本当はまだ飲み足りなかったんやけど、帰るんなら電車の時間も考えなあかんし、
互いに名残惜しかったもののまたの機会を楽しみに別れた。

その後、なんとなく地上に出てみたくなったので、梅地下から地上へ・・・・
梅田駅前の歩道橋。昔からある有名で代表的な場所。
そこを通り過ぎようとすると、人だかりが・・・

ん? っと覗いてみると、1人の男が大道芸というか、パフォーマンス・ショーをやっていた。
e0063003_9543592.jpg

大きな声で周囲の通行人に話しながら、火を使ったデンジャラスな芸をみせていた。
俺はほろ酔いでしばし眺めていたんだが、芸そのものよりも、そのパフォーマーの
表情に見入っていた。
「こいつ、めっちゃええ顔してるやん。 ほんま生き生きしとるなぁ・・・。」
残念ながら勝手に撮った画像なのでその顔をそのまま出す訳にはいかないのが惜しい。
e0063003_955861.jpg

火のついた棒状の道具を投げたり回したり、色んな芸を披露する彼。
その火が深夜ということもあってとても綺麗だったし、それを操る彼の表情も良かった。
そして、クライマックスは口になにかの液体を含み、火を吐く芸を披露した時、
そのあまりにも大きな火柱に周囲の観客から一斉にどよめきと拍手が沸き、
無事に成功した彼の表情は本当に嬉しそうだった。
残念ながら、酔っていたせいかそのクライマックスシーンを撮り損ねたのは内緒(汗)。
e0063003_9552544.jpg

最後はこうして火を自らの体を使って消してパフォーマンスは終わったのだった。

大都会、梅田駅前のど真ん中。
23時を過ぎた真夜中の時間帯に、たった一人で演じられたパフォーマンス。
俺は酔いながらも彼の芸に対する情熱と生き生きとした表情にめっちゃ元気をもらった。
さっき別れた友達も一緒に見れたら良かったのになぁ・・・(惜)

最後に出された彼の帽子に、俺も思わずコインを入れた。
元気をくれておおきにっ!!  そんな気分になった。

何かにひたむきになること。それってとても素晴らしいことやん。
彼がどこの誰なのか?俺は知らない。
名もない一人のパフォーマーなのかもしれない。
でも、その彼に、俺はこの夜、素直な感動を与えてもらったよ。
彼のその素晴らしき表情に拍手!!
by white-rain | 2006-10-22 10:23 | 星の数々
前回からの続き

ご機嫌な初秋のツーリングを終えて古都情緒タップリな高野口を通り抜け下界へ下りた俺達。
その後は、ツーリングのお約束、まいどお決まりの「温泉」へ行くこととなった(^^♪。
目指したのは「野半の里」という古い酒蔵元にある温泉。
なんか大正浪漫~雰囲気なんよ。 感じがわかるかなぁ?
e0063003_16232545.jpg

ここには地ビールも造ってはるんよね。 
当然俺はめっちゃ飲みたかったけど、車やしダメダメ(ToT)/~~~
で、缶ビールを買って帰ろうと思ったら、なんとっ 1リットル缶1260円!!(@_@;)。
それなら同じ価格で市販ビール2リットル飲んだ方がええわ。ってことで買うのやめ(ーー;)。
e0063003_16233318.jpg

中もこんな感じで、めっちゃ落ち着いた癒し空間で、温泉のお湯もええ感じなんよ。
施設として凄く良かっただけに、商品値段の高さだけが残念やったなぁ。
e0063003_16235347.jpg

湯から上がって、さて次へ行こうか・・・っと表に出ると、あたりはもう真っ暗。
堤燈の灯りがこれまた風情出してるやんって感じでした。

次は、腹ごしらえってことで、やっぱり「和歌山ラーメン」いっとかんと!
ってことで、食べに行ったものの店の名前を忘れてしもたわ・・・(汗)。
e0063003_1624372.jpg

写真の通りコッテリ系で俺は大を頼んだんやけど、丁度ええサイズやった。
味はうまかったんやけど・・・、俺はどうも「和歌山ラーメン」が合わんらしい。
他の有名店のも含めて、「めっちゃ」、「めちゃめちゃ」がつく程うまいと感じたことが
なかったので、心密かに期待してたんやけどやはり「うまい」で終わってしまった。

その後は、もう帰るだけやし、とりあえず阪和道に入って紀ノ川SAで休憩ってことで出発。
SAで集まってだべってたら、夜の撮影しようって展開になり、
急遽、ナイトな撮影会が始まってしまったのだった。
アスファルトに這いつくばる人、しゃがみこんでる人・・・・・、寝そべってる人・・・。
怪しいオッサン達が夜の高速SA駐車場でオープンカーを囲んで遊んでる。
ま、夜なんであまり目立たんで良かったわ。
e0063003_16243142.jpg

画像の雰囲気が昼間とはまったく違うでしょ?
SAの駐車場だから、本当は殆ど真っ暗なんやけど、
カメラの感度や設定次第で、このように撮ることもできるからおもしろい。
ナイト撮影はまだまだ経験が浅いので、もっとアレコレ試してみたいな。
e0063003_16243920.jpg


ってことで、突然のナイト撮影大会も無事に済ましてあとは帰るだけ。
いつものパターンで無線交信しながら、それぞれの方面に散っていく流れ解散だ。
で、たまたま俺が先頭車両でサクサクっと走ってたら、はるか後方で赤色灯&
パッシングライトが見えた。

ゲッ!! もしかして誰か捕まったんとちゃうん??っと無線で呼びかけたら、
どうやらまったく関係ない車だった。 ドキッとした瞬間だった。

油断大敵!! 覆面はどこにおるかわからんぞ~!!
目配り、気配り、気をつけよう!! っと思い直して踏みこんで帰ったのだった(^^ゞ。
by white-rain | 2006-10-18 17:59 | 星の数々
いつもなら第二日曜日に行う予定のクラブツーリング。

今回は一週ズラしで15日に行うことになった。 
参加台数8台。 ま、このところの平均参加台数といったところかな。
集合は阪和道岸和田SA8時30分。

この日はなぜか集合時から、ぷちっアクシデントがちらほら。
到着したら、タイヤに釘刺さってていきなりパンク修理な人がいたり、
間違えて西名阪に入ってしもて大回りして来た人もいたりね(^^♪。
ま、そんなこんなで久々にゆる~い感じのスタートとなりました。
e0063003_16213242.gif
ご機嫌な天気の中、阪和道を南下し、、、、どこやったかな? 
吉備ICあたりで高速を下りて下道で竜神方面を目指す。
424号線を南東に進み、途中「修理川」という不吉な名前の川に沿って
道の駅「しらまの里」で、バラけてたメンバーを一旦集合。
e0063003_16214146.gif

その後は、424→425?→371のようなルートで、初秋の山中を心地良く駆け抜ける。
まいどお馴染みの隊列走行シーンにも木々が少し色づき季節感が漂っていたよ。
コンデジの勘撮りもより慣れてきて、なんとなくスピード感のある雰囲気の写真も撮れた。 
なかなか狙ったようには撮れんものの、数打てばなんとか・・でね。 (苦笑)
e0063003_16215026.gif

なんとなく今回は、穏やかな木漏れ光の下をのんびり走るって雰囲気だった(^^♪。
いつもはガッツリと酷道やワインディングをガンガン走ることが多いのだが、
この日は、バイクなどの通行量も多く、ゆっくりと走らざるを得なかったんよね。
e0063003_16215948.gif

そして竜神スカイラインに入ってから、Uの字のようなコーナーでメンバーの
コーナーリングシーンの撮影大会となった。でも、この日は天気も良くて、
当然車もバイクも多い中で撮影するんだから、これがなかなかタイミングが難しい。

例えばこうして走ってくるRSをカメラで追ってると・・・
e0063003_1622738.gif

次の瞬間には、あ"~~!! そこ、退いてぇ~!!
っと叫びそうになる展開もシバシバ。
e0063003_16222453.gif

ま、当然ながら、これは運不運でどうしようもないんやけどね(苦笑)。
で、そんなこんなで、メンバーの走行シーンをみんなで撮影して楽しんだよ。
でも、どれも大半ドライバーの顔が写っているので、ココでは公開できないんやけど、
コレならお見せできるかなぁ。
e0063003_16223224.gif

なんか、コーナーリング時の車体ロール具合がめちゃ絶妙にええ感じで、
自分的にはこの雰囲気、結構好きなんよねぇ(^^♪。

でも自分の走行シーンってどんなんやろ?
当然、自分は自分で撮れないからねぇ・・・みんなソコは気になってたようやけど、
俺も、自分のんみたいよぉ~~>メンバーよろしくねん♪

っとまぁ、こんな感じて初愁の高野竜神スカイラインを南側より走破して楽しみました。
この後は、食事&ナイト撮影へと続きますが、それは続編ってことで・・・☆
by white-rain | 2006-10-15 13:00 | 全般
今日はWhite-rain号の消臭処置第一弾の日となった。

俺のはなんせH2年式の初期型。 
今・・・H18年ってことは、既に16年経過してる車ってこと。
2ヶ月程前まではスモーカーだった俺。
RSの狭い室内でモクモクとタバコを吸うのも当たり前だったし、
排ガスその他いろんな匂いがこびりついてしまってて、
湿度の高い時期だと結構エアーの匂いが気になってた。

そこでタバコをやめたのをキッカケに、ひとつ車も消臭してみようと思った次第。
で、まずRSの室内エアーコンディションの心臓部はこのグローブボックスの後ろにある。
e0063003_1929377.gif

なので、まずはグローブボックスを外してみた。
すると、黒い塊の順に左からファンユニット・エバポ・ヒーターとなるのだが、
写真にはファンユニットとエバポだけが写っている。
そのユニットを連結している金具(まんなかのやつね)が緩々でイマイチ効き目がないみたい(笑)。
e0063003_19291598.gif

で、ファンユニットは1本のボルトと2個のナットでボディに固定されており、
配線カプラ2個、内気・外気切替ワイヤー1本、エバポとの連結金具1個を外してから、
ファンユニットを丸ごと外そうと思ったが、これがうまく引き出せない・・・(;´∀`)ゞ。
悪戦苦闘してみたけど、どうやっても丸ごと取り出すのは無理っぽい。
ほんじゃ、エバポをズラすかダッシュパネルを浮かすか?

そこまで大掛かりにするのも邪魔くさかったので作戦変更。
ユニットの一番底にファンモーターがあるので、それをを底から抜けばええやろう。
ってことでモーターとファンを固定しているネジを3本外してユニットの底を開放。
ものの見事に真っ黒になったファンがむき出しとなったけど手も真っ黒・・・(^_^;)。
あまりの汚さにサクサクモーターから外してたくなってしまって、
プラハンで(プラスチック・ハンマーね)で芯を叩き込んで真っ黒に
煤けて粉っぽいファンを取ってしまった。
写真はファンを外してしまってモーターだけになったところ(汗)。
e0063003_19293761.gif

次の写真が横になっているが、左側が上だと思って見てね。
この左のメッシュな部分がロードスターの内気循環口で、
その奥にスポンジのようなものが見えるでしょ? これが内気・外気の切替蓋。
インパネのつまみを動かすとワイヤ-が連動して動き切替蓋がパタン、パタンと動く。
メッシュ開口部を塞ぐようになると外気口が開きフレッシュエアーが車内に入る。
写真上ではメッシュ開口部上にある金属ステーのようなものが、ワイヤハンガーで、
これを動かすことで中の蓋が開閉する。
e0063003_19294980.gif

なんかとてもシンプルな構造だったので、作業しながらちょっと笑えた(^^ゞ。

そして、この写真はファンモーターを抜いた穴からファンユニット内部を撮ったもの。
つまり底の穴から上に撮った感じ。 内壁は思ったほど汚れてないのが意外だった。
e0063003_19503375.gif

で、これがその問題となったファン。既に洗い場の汚れ具合を見て頂ければ、
この撮影時点でも既に相当汚れを落としていることがわかると思う。
白いファンが全体的に真っ黒になってたのには驚いたわ。
モノは汚い汚れだけど歴史を感じるほこり達やな。
e0063003_2031266.gif

これを綺麗に荒い真っ白い状態に戻して、防カビ剤入り消臭スプレーをファンや
ユニット内部にタップリと噴霧して組み戻した。

今回で構造はある程度理解出来た。
その結果、次回はこのファンモーター取り外し開口部から、
多分一番匂いの元になっているであろう、隣のエアコンエバポレーターユニットも
内部から洗浄できるとわかったのでバッチリ消臭できるハズ!!
めっちゃ楽しみになってきたかも!!
by white-rain | 2006-10-09 19:11 | 星の数々