人気ブログランキング |
ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日曜日、京都の貴船にある川床に行って来ました。

2年ぶりの川床。 めっちゃ楽しみにしてたものの、
当日の天気はイマイチで小雨がパラつく状態やったのがチト残念。
一緒に行った相方は古い付き合いののん兵衛な女友達(爆)。
彼女も貴船に魅了されてしまった一人です。

今回の私は「きなり」の浴衣で、相方ももちろん浴衣姿。
11時に俺の地元で待ち合わせて、車で出発!
13時過ぎに現地へ到着し、貴船神社界隈を散策してみました。
空が暗くて残念ながらあまり写真を撮るチャンスには恵まれなかったけど、
川床はめちゃまったりと過ごせたので、満足です。
清流のせせらぎの音&眺めと、ひんやりとした風がなんとも心地良い感じでした。

では、ちょこっと撮った写真を公開

これは貴船神社の境内にある「水占い」です。
白紙の占い用紙を購入し、静かに水に浮かべると、おみくじ占いが現れます。
e0063003_1113034.jpg

水に浮かべた占いを読みとろうとしている相方です。
ちなみに彼女は「中吉」で俺が「吉」やったかな。 最後はヒモに括り付けました。
e0063003_1114191.jpg

天候がイマイチだったので、予約していた時間より早かったものの、
川床でゆっくり過そうということで早めに床に入りました。
そしてこれが、二人共めちゃお気に入りな「鱧しゃぶ」の盛りです。
e0063003_1115045.jpg

川床の雰囲気はこんな感じ。 この写真は清流の上流側を撮っています。
今回俺の案内された場所はこの店の川床で一番下流の端側の清流脇です。
e0063003_1123915.jpg

相方のお箸の先にあるのが、鱧で既に食べれる状態のものです。
めっちゃ最高にええ笑顔なんですが、お見せできないのが残念。
ビールジョッキの向うに水の流が写ってるのですぐ横が清流ってわかるかな?
e0063003_113711.jpg

これが鍋の中身。 撮影用に春菊や水菜も入れて彩り考えりゃ良かったわ(汗)。
でも、鱧が白くクルッっとなった雰囲気はわかるでしょ?
e0063003_113262.jpg

これが川床の下流方面。 
すぐ横は清流が流れていくだけのロケーションなんでまずまずでした。 
川床は真ん中あたりの席に案内されるより、上流か下流の端がベストです。
e0063003_1134031.jpg

上を見上げると、このように堤燈に灯りがともり、もみじがええ感じの枝振りで生えてます。
e0063003_1135484.jpg


今回は天気が悪くて暗かったので、写真は殆ど撮りませんでした。
でも、貴船の川床で鱧しゃぶを浴衣姿でゆっくりと頂けるなんて、なんと贅沢なことか。

考えてみれば、これは過去と現代のコラボレーションの成果かも。
一つは昔の人の感性の豊かさに育まれた四季を感じようとする繊細な日本文化。
残りは日帰りでも簡単にこんなことを楽しめてしまう現代社会の利便性。

この二つがうまく融合してるから、俺みたいな奴でも川床を体験できてる。
そう思うと、現代日本もなかなかやるやん!!っとちょっぴり思えた気がする。
by white-rain | 2007-07-23 12:04 | 星の数々
奈良の西ノ京という場所にある「薬師寺」に行ってきた。

目的は・・・・夜間撮影のみ。

今、奈良の主要な建造物などでライトアップが施されている。
こんなチャンス、逃すのはもったいないと思った。

平日の夕暮れなら人も少ないだろう。
月半ばで仕事も比較的早めに終われる時期なので、
高速をフルに使って職場から目的地まで30分も掛からずに到着できた。

撮影条件は曇り空の夜、風多少あり、撮影ポイントから建物までの
距離は約700m.撮影には300mm.の望遠レンズを使用。 

夕暮れ迫る薬師寺の金堂(左側)西塔(中央)東塔(右側)
とても美しい姿だと思った。 昔の人のセンスの良さがわかる建物やなぁ。
e0063003_1474983.jpg

金堂(左側)西塔(右側)のズームアップ 
あえてシャッター速度を速めて暗い雰囲気を出して撮影してみた。
e0063003_148223.jpg

同様に西塔(左側)と東塔(右側)のズームアップ
なんでもこの東塔は西暦730年に造営されたと伝えられる創建当初唯一の遺構らしい。
そのとても長い歳月が信じられないほど古いことに後で調べて驚いた。
e0063003_1481672.jpg

夜景にライトアップで浮かび上がる3つの薬師寺主要建造物
まずはしっとりとした夜景らしくダーク基調で渋めに撮影してみた。
e0063003_1482912.jpg

湖面への映り込みを期待して待ったけど風によるさざなみのおかげで反映しなかった。
e0063003_1484276.jpg

夜景の中に建物が際立つよう、少し露光というかシャッターを長めに開けて撮影。
これはこれで、きらびやかさが強調された雰囲気の夜景となった。
e0063003_149073.jpg

ちょっと西塔の朱とライトアップが交じり合って豪華絢爛に見える。
e0063003_1491396.jpg

最後のは思いっきりシャッターを開放してみた。時間にして8秒ほど。
ちょっと露出オーバー気味って感じもするけど、これはこれで綺麗やと思った。
e0063003_1492568.jpg


この建物の初期の建築に関わった大昔の人々は、まさかこんなに長くこの建物が
残ることも、また今のような時代が来ることも想像すらしてなかったんやろう。
しかもデジタル一眼で夜間撮影のモデルにされるなんて・・・ね。

でも、それがわからなくても当時の職人達の技術が素晴しかったからこそ
今、ここに堂々と存在しているんやと思うと、その技に乾杯したくなったよ。

俺は未来の世代に一体なにを残すことが出来るのか?
そう自分を振り返ると、なにも残せない存在のちっぽけさが寂しく感じるなぁ(^^ゞ。
by white-rain | 2007-07-20 14:56 | 星の数々
この週末、俺の海キャンプ計画は大型台風4号の通過のおかげで、
泣く泣く断念という海人な俺にはとても残念な結果となった。
そうは言っても1人でじっと家で過ごす訳もなく、なんとか充実した週末を過ごせた。

今日、俺は六甲山頂にいた。台風の通過直後は空気が澄んでいる。
空を眺めた時の青さにそれを感じたので行ってみることにした。
今回は一眼ではなく、常に装備している最近買い換えたコンパクトデジカメの
性能を試してみた。

六甲山から大阪湾~和歌山方面を一望した×1での眺め。
めっちゃクリアーで気持ち良く遠くまで見え雲の陰が街並みにコントラストを落としてる。
淀川と大和川から流れ出た泥水が潮目に沿って瀬戸内海へ流れ出ていく様子が良くわかる。
e0063003_2022868.jpg

画面中央付近が大阪の梅田あたり。 スカイビルが見えている。  
e0063003_20222983.jpg

White-Rain号で夜中に開けてかっ飛ばすのが大好きな阪神高速湾岸線
e0063003_20263041.jpg

台風を避けているのか、連休で休日なのか、尼崎沖の一文字防波堤内に
無数の「はしけ」が係留されていた。
e0063003_20265371.jpg

×7倍 光学倍率の限界で、南港大橋に寄ってみた。手ブレ補正効果はなかなかのもの。
e0063003_20271647.jpg

東神戸大橋もここまで寄れた。 コンデジもなかなか捨てたもんじゃない。
e0063003_20273796.jpg

六甲アイランドの全景。
e0063003_20474468.jpg


これだけクリアに大阪~神戸にかけての全景が見えるのは、台風のおかげ。
普段なら空気が澱んでしまってなかなかここまで一望できることはない。

この眼下に広がる場所に世界でも有数な大都市が存在し、
俺も含めた多くの人が生き、それぞれの生活がある。
でも、こうして眺めると、その世界ってとても小さくて薄っぺらいわ。

こんな薄っぺらいちっちゃい世界の中で、俺は普段、しょうもないことでイラついたり、
悩んだりしてるのっかって思うと、めちゃめちゃしょぼいよな(笑)。
なんかこの景色を眺めると懐が広くなったような気がした。
by white-rain | 2007-07-15 21:03 | 星の数々
滋賀と三重県との境目あたりにある鈴鹿山脈。
その中に清流の綺麗なキャンプ場がある。
そこで撮ってきた写真です。

もうこんな景色の場所は少なくなってきたなぁ・・・・。
都会には皆無だし山間部でもかなり奥まで入らないと
なかなかこれだけの清流は見つからない。
e0063003_16342121.jpg

水の透明度と薄く緑がかった色が美しい。 
川の水は本当に冷たくて海のようにベタつかないのが心地良い。
e0063003_16343632.jpg

カゲロウがいる・・・ そう思って撮ってみた。
e0063003_16344947.jpg

ちがう。 ボディーが輝いてるということはカゲロウじゃない。
e0063003_1635876.jpg

羽根の色と紋様から、この昆虫がなんなのか? 調べたらすぐにわかった。
e0063003_16352792.jpg

「ミヤマカワトンボ」 カワトンボの中では最大級の大きさなんだそうな。
鮮やかに輝くボディーがまるで玉虫のようで美しかった。
e0063003_1639494.jpg


自然の中で過すと、とても和めるし楽しい気分になれる。
おかげで良い時を過すことができました☆
by white-rain | 2007-07-08 15:00 | 星の数々