ブログトップ

星の数ほど興味津々

starryday.exblog.jp

海・月・車・わんこ・女 を愛する男のブログ

<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本で暮らしている我々一般の民間人は、
日常生活の中で、武器や武力に関わることは殆どなく、
本当に平和な空間に暮らしていると思う。

それはとても素晴しいことなのだが、
この先の将来もずっとこの平和が維持されるかどうか? 
それは誰にもわからないことだ。

最近の近隣諸国の軍事力強化や領土問題、
日本国政府の弱体化による国際的な信頼度低下などを考えると、
平和維持に脅威となりそうな不安材料が多く存在し始めている。

そんな背景の中、現在、日本には数十万人に及ぶ自衛隊員達がいる。
彼等はみな日本の平和を守る為に日夜厳しい訓練に耐え、万が一の有事に備えている。
e0063003_16235192.jpg

e0063003_16292418.jpg

e0063003_16313583.jpg

e0063003_16315878.jpg


しかし、自衛隊の存在や情報が、あまりにも一般の民間人へ公開されないのは何故だろう?
東日本大震災時には、1万人以上を救助し、その後も過酷な環境下で仕事とは言え
酷い状況の遺体収容作業や、捜索活動や復興作業にに従事した自衛隊員達には
国民から「よくやった」「ありがとう」ともっと賞賛されるべきやと思うけどなぁ。

まぁ、それはともかくとしても、
私はこれからの日本はもっと平和維持について一人一人が真剣に考えるべき時代だと思う。
自国の平和は日本の自分達の手で守れる国になるべきだと思うし、
もっと自衛隊の存在や現状を広く国民に開示し、現状の国防体制はどういう状況なのか?
という意識を国民全体に知ってもらうべきだと思う。
e0063003_16254261.jpg


自国を自分達で守ること。それはどこの国だってやっている当り前のことなんだ。
いつまでも米国に守ってもらいながら、文句ばかり言っててもダメだし、
米国だってアジアの近隣諸外国が目覚しく発展してきている今、
いつまでも弱体化しつつある日本を重視する政策をとるとは限らないんだから。
e0063003_16285995.jpg


戦争がしたいとは思わない。
軍国主義になれとも思わない。
だけど、どこかの国に侵略されてなす術もなく流浪の民になるのはまっぴらだ。

平和は水や空気のように何もせずに手に入り続けるものではない。
そのことを今の日本人は忘れてしまっているんじゃないだろうか・・・
e0063003_16455895.jpg

e0063003_1640574.jpg

e0063003_16154636.jpg

[PR]
by white-rain | 2011-08-06 15:34 | 星の数々